事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介業者の役割とは?

M&A仲介業者の役割とは?

企業の売買・譲渡を考えるにあたって、願わくは最適な条件で合意に達したいものです。
その際、経営者自ら案件を探し回り、条件提示し交渉していくということは大変な作業です。
顧問の会計士や税理士に相談を持ち掛ける方がほとんどですが、会計や税務は企業の一要素に過ぎず全体的な企業評価を要するM&Aとは一線を画します。
そのため、相談を受けた会計士や税理士がM&A仲介業者を紹介することも少なくありません。

また会計士や税理士、あるいは弁護士らがコンサルティング業務を兼ねてM&A仲介業を立ち上げるケースもあります。
グローバルスタンダードを目指す大企業にとっても、事業承継に悩む中小企業にとってもM&Aは重要な戦略であり、M&Aを円滑に進めるためにM&A仲介業者の存在は欠かせません。

 

簡単ではない事業承継

企業間の売買が容易でないことは誰もが知ることです。
けれども、会社の資産価値と経営状況を把握しておけば何とかなるものと思い、経営者本人が行動し、知人や友人に相談して売買契約を結んでしまうというケースもあります。
決して間違った方法ではありませんし、M&Aに要する経費が少なくてすむというメリットがあります。
ただし、交渉が難航したり後々のトラブルを誘発したりすることもあり、お薦めできる方法ではありません。
なぜならば、会社の資産というものは目に見えない要素が多分に含まれているからです。
経理や会計のプロでなければわからない部分も多く、そのような不確定要素を携えて売買交渉に臨むということは困難を極め、大きな損失を招きかねない行為だからです。

 

M&Aのリスク回避のために

わかりにくい資産のひとつに電話加入権やゴルフ会員権があります。
もはや換金価値ゼロと言えますがバランスシートに記載し続けている会社も少なくありません。
また、未払い賃金やサービス残業など未解決の問題を抱えたまま会社の譲渡が行われてしまうと訴訟問題に発展してしまいます。
見えないリスクを放棄するような形での売買契約は避けなければなりません。
企業の客観的な価値は当事者間ではわかりにくいもの、問題点をクリアにし第三者にジャッジしてもらう必要があります。

その上でM&Aの交渉に当たることが適切と言えるでしょう。
会社の抱える法的な問題点を監査しリスクを最小限に留める役割を担うのが弁護士や司法書士、数字に表れない収支を洗いだし財務上のリスクを抑える役割をするのが公認会計士と税理士です。
そして、売り手企業と買い手企業のニーズを照らし合わせ、最適な組み合わせをサポートするのがM&A仲介業者です。
M&A仲介業者の中には、弁護士や会計士など各分野の専門スタッフが揃い、コンサルティングからM&A業務のすべてを請け負う会社もあります。

 

M&A仲介業者の主な役割

M&A仲介業者の主要な役割は売り手と買い手双方のニーズに合ったパートナー探しです。
金融機関や士業など広いネットワークを駆使して条件に見合うパートナーをチョイスしたり、複数の候補に紹介したりします。
情報の紹介は双方に支障のない範囲で行われ、段階を経て開示されていきます。
M&Aの問題点やリスクには専門家による積極的な対処を行い、合意後の経営体制に関して助言したり相談に乗ったり、企業の行方を見守り続けます。
つまり、企業間の出逢いからお見合いまで段取りし、結婚後の生活まで面倒を見るお節介な結婚相談所のような役割をするのがM&A仲介業者なのです。

 

ネットワークの広さと経験値

商談というものは可能な限り安く買い、できるだけ高く売るというのが一般的ですが、ことM&Aに関しては価格重視というよりは相性重視と言えます。
もちろん、売り手企業の希望価格と買い手企業の希望価格に大きな開きがあっては縁を結ぶことは難しいため、広いネットワークの中から双方の条件に見合うパートナーをマッチングすることになります。
条件に見合うパートナーが見つからなかったら繰越すことも考慮に入れた判断も必要になってきます。
M&A仲介業者にとってネットワークの広さとマッチングセンスはとても大切な要素です。
人脈を広げることとセンスを磨くことは経験によって培われていきます。
M&A仲介業者としての経験値が試される場面です。

 

M&A仲介業という資格のない業務への信頼

M&A仲介業者にも大小さまざまな会社があり、それぞれに特化したサービスを展開したり、総合的なプロデュースを行ったりして企業間の積極的な事業展開をサポートしています。
M&A仲介業という特別な資格や許可申請が必要なわけでもないため、税理士や会計士が副業的に始めた小さな会社が圧倒的に多いのが現状です。
専門性は高い反面、知識が偏る傾向にあることも否定できません。

株式上場している大きな仲介業者などはそれぞれの専門家を抱え幅広く対応しています。
資格の必要ない業務において信頼を得、M&A業務を委託されるのは広く深い知見に基づく経験の積み重ねによります。
決して素人判断ではできないのがM&Aです。
大切に育ててきた会社を売る決断をしたときも、規模を拡大するため投資する際にも、経験豊富な信頼できるM&A仲介業者へ相談してみることをお勧めします。