事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介会社に依頼するタイミングとは?

近年日本でもM&Aという言葉を耳にするようになりました。

大規模な企業にしか関係ないことと考えてしまいがちですが、近年では大規模な企業が行うばかりではなく、中小規模の企業でも行うことは珍しいことではなくなりました。

しかし、自らで行うことは簡単なことではなく、専門としている業者に依頼することが多いです。

業者も豊富にありますが、M&A仲介会社ならばどこに依頼しても同じというわけではないので気をつけなくてはなりません。

仲介会社により満足でき良い結果になるかどうかには大きな違いが生まれることになります。

仲介会社選びは重要ということは間違いありませんが、それだけではなくタイミングも重視しておくようにしましょう。

早い段階から探し始める必要がある

どのような目的でM&Aを行うのかによって、仲介会社を利用するタイミングにも違いがあることは確かですが、どんな目的の場合にも、まずは適している仲介会社を探すことから始めなくてはなりません。

仲介会社と一口に言っても、ここ数年でかなり数を増やしており、どこを選んだら良いかで悩むのは当然のことではないでしょうか。

依頼先による違いはかなり大きく、M&Aに成功するかどうかは仲介会社選びにかかっていると言っても言い過ぎではありません。

複数を比較してよく吟味してから決めるべき重要なことなので、余裕を持って探し始めるようにすることが大切です。

行いたいと思ったタイミングで急いで焦りながら探してしまうと、冷静な判断ができなくなってしまい失敗に終わるということにも繋がり兼ねません。

今の時代ならばインターネットを使えば簡単に仲介会社を探すことはでき、情報も簡単に得ることができるようになりました。

しかし、インターネット上の情報のみで判断するべきではなく、相談して話を聞いてから判断したり、セミナーや講習会を開催している仲介会社ならば、参加してみてから判断することが大切になります。

利用しようと思ったらすぐに探し始めるように心がけておくべきではないでしょうか。

仲介会社を利用して売却を考えている場合

業界によってM&Aが頻繁に行われるタイミングや、収束してしまうタイミングがあるということも頭に置いておくべきです。

法令や社会環境により、業界再編が行われたりする場合などには、一時的な現象で頻繁にM&Aが行われますが、環境が変わると一気に収束してしまうことになります。

このような場合に、再編のタイミングを逃してしまうと成立しづらくなってしまうことは間違いありません。

よって、売却を目的として仲介会社を利用しようと考えている時には、タイミングには十分気をつけるようにしなければなりません。

業績が好調な時は買い手企業も関心を示しますが、業績が落ちてくると当然ながら成立しづらくなってしまいます。

経営者の持っているノウハウや技術などが買い手企業にとって魅力的だった場合には、経営者が業務ができなくなるなど、ノウハウや技術に魅力がなくなってしまうことになれば、成立しづらくなってしまいます。

譲渡を考えている企業にとっては、売却するタイミングにより企業価値が変わってしまうということになります。

それを踏まえた上で、仲介会社を探し始めるべきではないでしょうか。

頻繁に行われるタイミングとなれば、優秀な仲介会社は利用者でいっぱいになってしまうので、対応してもらえなくなってしまう可能性も秘めているので気をつけなくてはなりません。

需要と配給でありタイミングが大切

M&Aも結局は需要と供給ということであり、自社にマッチする相手が見つかるかどうかが重要になってきます。

M&Aを成功させることができれば、売り手と買い手の双方に大きなメリットとなりますが、その一方で、失敗してしまえば双方に多大なる損失をもたらしてしまうというリスクもあります。

成功率を高めるためにも、買い手と売り手のマッチングをさせたり、企業評価や必要書類作成などの事務的な面までサポートしてくれる仲介会社を利用することになります。

タイミングをよく考え、アドバイスもしてくれるところにお願いする必要があります。

 

M&Aを行う際に最も難しいのが、売り手や買い手といったマッチする相手を探すという点です。

それをスムーズに行えるようにすることが、仲介会社の役割であり、利用することで成功率も高めることができます。

譲渡以外の目的という場合も含めて、早い段階から探すようにしてベストなタイミングでお願いしましょう。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧