事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介業者へ支払う手数料の仕組みとは?

M&A仲介業者へ支払う手数料の仕組みとは?

M&Aにおける仲介手数料というものが、どの時点で発生するのかはそれぞれの仲介業者によって異なります。
多くの仲介業者は相談に関して課金することはありませんが、相談料という名目を設けている会社もあります。
その後、調査開始時に発生する着手金や中間手数料などを経て成功報酬までを加算していくと、決して安い金額ではありません。
M&A案件の規模や仲介業者によって手数料のパーセンテージは異なりますが、M&A仲介業者への成功報酬を含む手数料の全容についてご案内します。

 

複雑な料金体系

M&A仲介業に対する手数料はいくつかの種類に分けられ、進捗状況に応じて支払われることが一般的です。
しかしながら、近年になって他社との差別化を図り、中間手数料一切なしの成功報酬のみの仲介業者も増えて来たことも事実です。
成功報酬に関しても一律にリーマン式を採用していますが、最低手数料は各社それぞれです。
大手の仲介業者の最低手数料が案件の譲渡金額をはるかに上回る場合もあります。
そのようなケースはトラブルの元となるため、あらかじめM&A仲介業者の料金体系についてリサーチしておくことが必要です。

① 相談料と着手金
仲介業者によっては相談料を設けている会社もありますがほとんどの場合、無料となっています。
逆に着手金についてはほとんどの業者が50∼500万円の範囲で課金しています。
これは案件に着手した時点で調査費用や資料作成のための経費がかかってしまうためです。
ところが、IT技術が発達した昨今、広範なネットワークを持つ仲介業者などは情報収集や資料作成に時間と手間を要しないため、着手金も無料としている会社が増えてきました。

② 中間手数料
M&A契約において双方が基本的な形で合意したときに仲介業者に支払われる手数料です。
その後、契約が破談になったとしても返還されることのない手数料です。
相場としては成功報酬の10∼20%、金額にして50∼200万円が一般的です。

③ リテイナーフィ
すべての仲介業者に当てはまるわけではありませんが、M&Aの交渉が決まるまでの契約期間中、毎月支払う手数料をリテイナーフィと言います。
月額報酬と言い換えることもできる手数料の相場は30∼200万円と言われます。
M&A合意が長引きそうな場合、リテイナーフィの発生しない仲介業者を選ぶことが賢明と言えます。

④ デューデリジェンス費
M&Aに関する財務調査にかかる費用をデューデリジェンス費と言います。
数十万円の手数料が相場となっていますが、デューデリジェンス費を設定している企業は稀です。
しかしながら、設定している会社にとって必要経費であり、M&Aの成功を左右しかねない手数料のひとつです。

⑤ 成功報酬
仲介業者によっては①∼④の手数料がまったく発生せず、この成功報酬だけを請求する会社もあります。
それぞれの経営方針とM&A戦略があるため、良し悪しを論じることはできません。
ただし、成功報酬にかかるパーセンテージは一律であり、すべての仲介業者がリーマン式を採用しています。
すなわち、5億円以下が5%、10億円以下が4%、50億円以下3%、100億円以下2%、100億円超が1%という基準です。
大規模なM&Aに関しては証券会社や銀行が仲介するケースがほとんどですので、仲介業者として現実的でない数値ではあります。

逆に中小企業を対象としたスモールM&Aに関しての成功報酬を1億円以下で500万円、1千万円以下を150万円などと利用しやすい料金設定をしている仲介業者もあります。
成功報酬制に関して注意すべきは譲渡金額に対する料率か?あるいは移動総資産に対するパーセンテージか?ということです。
移動総資産より譲渡金額がはるかに安価であるケースが多いので必ず確認しておく必要があります。

 

最低手数料について

仲介業者によっては最低手数料を設定している会社もあります。
その相場は500~2000万円が一般的であり、スモールM&Aの譲渡金額を上回るケースも少なくありません。
交渉や調査に多大な費用がかかるとはいえ、依頼者にとっても案件以上の金額を請求されることは心外と言えます。
中小企業にM&Aが今ひとつ普及しない最大の理由がここにあります。

 

その他の必要経費

名義の書き換えなどの際、発生する費用は実費負担となるのが通常です。
また、必要とあれば弁護士への依頼、買収監査にかかる費用などが別途料金として加算されます。
これらの経費も決して安いものではないということは念頭におく必要があります。

 

安さで選ぶか?実績で選ぶか?

成功報酬型の仲介業者が増えてきたとはいえ、すべての手数料と必要経費を加算すると決して安くはありません。
売り手にとっては、譲渡金額から算出することもできますが、買い手側にとっては二重の投資となります。
安価であることがすべてではありませんが、必要ない経費もあることも確かです。
実績を積み重ねてきた大手の仲介業者が高めの最低手数料を設定していることは仕事への自信の裏付けでもあります。
また、これから実績を積み重ねるべく他社との差別化を図っている新進気鋭の仲介業者もあります。
仲介業者の選択基準はそれぞれ、まずは相談してみることです。
担当者との出逢いによってM&Aへの道筋が付けられます。