事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&Aの手法を知ろう

全く異なる会社が一つになるとき、一社のみができるわけではありません。

買収をされたからと言ってその会社自身がなくならないときもあります。

それぞれの会社にとって良い買収の方法を取る必要があり、そのために話し合わなければいけません。

 

複数の会社をまとめて一つの会社にする

同じ市場で競合している会社であれば、当然普段はライバル同士として争うことになります。

争っているのが二社だけであれば二社がうまく争うことで市場が拡大したり技術力がアップしたりとそれなりのメリットがあります。

ライバル同士うまくやり合うのがいいのかもしれません。

しかし市場にその他の会社があって、その会社が脅威になるときがあります。

海外から新たに市場に参入してきたり、小さい会社同士が一つになって大きな組織になるときがあります。

すると二社間同士で相乗効果が得られていた状態ではなく、争うのが互いの体力を消耗する原因になるときもあります。

このときの経営判断として両者によるM&Aがあり、手法としては複数の会社が一つになる合併があります。

合併のメリットはもっているシェアはそのままに運営コストが効率化できる可能性があります。

たがいに持っている顧客はそのまま合併会社が引き継げます。

一方両者において重なる部分があり、それらを統一すれば効率化が行えます。

同じ地域に営業所があるなら、どちらか一つにすればその経費を減らせます。

どちらにもある経理部などの事務部門を一本化すれば経理部員を削減できるので人件費の削減ができます。

しかし人員削減ができたりするのでコストを大幅に下げられるものの、労働組合があるような会社だとそれを見越して反対されるときもあります。

ですから社員の取り扱いなどの取り決めをしっかり行いながら、了解を得て話を進める必要があります。

 

会社組織は別々で資本を一つにする

商品やサービスを利用するとき、今まで使っているからと使い続けるときがあるかもしれません。

もしそれらの商品やサービスが急になくなったら、不安に感じるでしょう。

それに代わる商品やサービスを探さなくてはいけなくなります。

それぞれの会社では商品などに一定のブランドを持つときがあり、それが顧客に定着していたりします。

そのブランドだから買うけども、それ以外のブランドになったら買わなくなる人もいるかもしれません。

あるブランドを持つ会社をM&Aするときの手法として買収があり、こちらはその会社自身は存続させる方法になります。

会社が残るのでブランドも残り、顧客などから見ると特に以前との違いはありません。

ただ資本は買収した会社が持つことになるので、社長の変更をしたり経営方針の変更などを持つことができます。

買収相手のブランド力が強い時に無理に合併をしてしまうと、買収先についていた顧客が離れるかもしれません。

形の上では存続するようにして、顧客離れを防ぐことができます。

会社自体は残るので、営業所の統合であったり組織の統合などはすぐには行われません。

そのため人員の整理などが少ないため労働組合などからの反対は起こりにくそうです。

ただ人事評価の方法やその他の経営の部分で買収会社の意見が強くなることもあるので、買収先が慎重に対応してくるときはあります。

コンサル会社に間に入ってもらうことで、スムーズに買収を進めることができるかもしれません。

 

複数の会社をまとめて効率よく再編する

会社がどんどん大きくなるとき、いろいろな事業を展開していくときがあります。

元々本業としていた事業から派生して新たな事業を行ったり、他の事業を行っている会社を買収したりして新事業を行ったりします。

すると一つの会社の中にいろいろな事業ができてしまい、中には一つの会社の中で運営すると非効率になるときもあります。

同じような事業を行っていると、同じような悩みを持つ会社があり何とかしたいと考えているかもしれません。

このときに行うM&Aの手法として会社分割があります。

まず同じ事業を持つ会社同士で話し合いをして、それぞれの会社の共通部分などを確認します。

そして一旦会社を一つにして、その後に同じ事業ごとに会社を分割します。

これによって複数の会社の同じ事業をまとめた会社ができます。

会社内には関連事業がまとめられるので、意思決定がしやすくなるメリットがあるでしょう。

人や物などが重複している部分を効率化できるので、コスト削減ができるメリットもあります。

会社分割にもいくつかの種類があり、それぞれの会社の事業をピックアップして合併させて会社を新設させるときもあれば、新設ではなくどちらかの会社を残してそちらに合併させるときもあります。

大きな会社と小さい会社が行うときは、どうしても大きな会社主導になりやすくなります。

コンサルタントに間に入ってもらうことによって、両社間で起きがちなトラブルを回避しながら話を進めることができるでしょう。

 

まず会社そのものが一つにまとまる合併があり、買収された会社は吸収されます。

それ以外に買収会社を存続方法があり、こちらは資本上における買収になります。

さらに各事業を再編して会社分割を行う方法が取られるときもあります。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧