事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

知っておこう!M&Aの勉強方法

近年日本でも浸透し始めているM&Aは、基本的には事業の買収や合併という意味で用いられており、他の会社を買ったり自社を売ったりすることでしたが、近年では大規模な資本提携や、業務提携も含まれるようになっていて、会社の規模を拡大させたいという大規模な企業のみではなく、後継者不足の悩みを抱えている中小規模の企業にも役立つ存在となっています。

一部にのみメリットがあるのではなく、関わる全ての人にメリットをもたらすというのも特徴であり、これからの時代には欠かせない存在といえます。
成功させるためには、適した相手を見極める必要があり、内容をしっかりと理解していないと、目的を果たすことができず思ったような結果にならないという事態になるので、しっかりと勉強をすることから始めなければなりません。

必要となる大まかな知識は何かということや、どんな学び方なら効率よく身についていくのかなどを知っておくべきです。
適している学び方は人それぞれ違いがあり、どの方法が自分にとって理解しやすく効率よく身につけていくことができるのかを考え学んでいきましょう。

本で学ぶ方法のメリットと注意点

聞いているだけではなかなか理解できないという場合には、文字にして書かれている本を参考にして学んでいくと好きなタイミングで学ぶこともでき、頭に入っていきやすいのではないでしょうか。
どのくらいお金と資産があり、どういう内訳になっているかという貸借対照表と、どのようにお金を稼ぎどのくらいの利益がでるかという損益計算書、そして物の価値などのようにして決まっているのかという価値算定の三つが大まかに必要な知識となり、基本中の基本となっています。

この基本を抑えることができていないと、その後も理解していくことはできないので、いくら学ぼうとしても身につけていくことができません。
独学で書籍により学んでいくことができる範囲内となっているので取り組んでいくべきです。
自社で行う自信がないという場合には仲介会社に依頼するという方法もありますが、その際に良い仲介会社を選ぶためにも基本だけでも押さえておくことは必須条件となってくるのではないでしょうか。

セミナーや講習会に参加してみる

インターネットを使って学んだり、書籍を読むなど独学で学んでいくことも不可能ではありませんが、それのみでは十分ではないことが多かったり、効率よく学んでいくことには繋がらないケースが大半です。
理解できていると思っていても、実際には全くコツがつかめていないということも珍しくはありません。

そうならないためにも、セミナーや講習会に参加してみるというのも一つの手段です。
近年ではセミナーや講習会を開催している会社は豊富にあり、有料というものもありますが無料で参加することができるセミナーや講習会も増えています。
実際に行なっているプロの意見を聞くことや、経験者の話を聞くことにより独学で学んでいるだけではわからないことを知ることができます。

学んでおくべきポイントについて

学ぼうと考えている人の中には、M&Aのアドバイザーとして働こうと考えている人も多いのではないでしょうか。
資格を必要としていない職業の一つであり自由度はかなり高く、なろうと思えば誰もがその日から名乗ることはできますが、実績や知識がないことには活躍することはできません。

これから始めようという場合には、様々な知識を身につけておき、持っておくと役立つ資格の取得もしておくべきです。
基本はもちろんのこと、英語や中国語も身につけておくべきであり、会計や会社法、上場企業、業界に対する知識など学んでおくべきものは数多く存在しています。

 

書籍やインターネット、セミナーや講習会など学びの方法は様々ですが、どの場合でもわかりやすいものを選ぶようにしておく必要があります。
企業の規模の拡大や後継者難の問題の解決、スピーディに事業展開ができるなど、時間を有効に使うことができるのが大きなメリットであり、買い手側にも売り手側にも双方にメリットがあることは確かです。
しかし、しっかりとした知識を身につけておかないと、求めている結果にはつながりません。

書籍を読んだりインターネットで自ら学ぶというのはもちろんのこと、セミナーや講習会に参加することにより効率よく知識を身につけていくことにつながるので、悩んだ際にはまず基本からチャレンジしてみるようにするべきではないでしょうか。
全く関係ないと思っているような知識でも、持っていると役に立つものもあることに気がつくことができます。

近年では仲介会社も増えてきており、自らで学んでおかなくてもプロに任せることができる時代となってはいますが、それでも基本は身につけておかないと良い仲介会社を選ぶこともできません。
アドバイザーになりたいという人はもちろんのこと、会社の規模の拡大や後継者難で悩んでいたり社員の育成に対する悩みがあるなど、様々な悩みの解決には必須といえます。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧