事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介会社にはそれぞれ得意・不得意な分野がある!

M&Aを検討するにあたり、実績のある仲介会社のサポートを受けることが大切です。また、会社によって得意とする分野に違いがあります。そのため、公式サイトやカタログなどを参考にしながら、過去の事例や専門のスタッフの経歴などをしっかりと確認することが大切です。企業買収の実績のある会社の特徴については、ビジネス関係の様々なメディアで紹介されることもあります。早いうちから会社ごとのサポート体制の良しあしについてきちんと比較をしてみましょう。

国家資格を持つプロのいる会社の魅力とは

税理士や公認会計士、司法書士、中小企業診断士などの各方面の国家資格を持つプロのサポートを受けることができる会社は、多くの経営者の間で将来的に企業活動を成功に導くうえで重要な存在として位置づけられています。特に、企業買収のタイミングや必要なコストについては、一般企業の経営者が理解しにくい部分が多くあるため、スムーズに手続きを進めるうえで、実績のある会社に相談をすることがおすすめです。

例えば、様々な業界における企業買収の経験を持つスタッフが揃っているところや、買収後のメリットやデメリットについて具体的な事例を交えて説明をしてくれるところは、様々な業界の経営者から支持が集まっています。なお、会社ごとの得意とする分野について把握をするうえで、公式サイトを参考にするだけでなく、実際に依頼をした経営者の口コミなどに目を通しておくと良いでしょう。

様々な業界とのコネクションのある会社の選び方

ITや医療福祉、メーカーなど様々なジャンルの企業とのコネクションのある仲介会社は、企業買収を成功させるうえで大いに役に立ちます。特に、業界ごとのビジネスの動向に関する知識がない場合には一から企業買収に向けた計画を立てることになってしまうため、早いうちから良い会社に仲介を依頼することで、企業買収に関する有意義なアドバイスを受けることができます。企業買収に掛かるコストや、必要な手続きの進め方については、多くの企業の経営者にとって把握しにくい部分があるため、ベテランのスタッフが揃っている会社に相談をすることがおすすめです。

また、特定のジャンルに強い会社の選び方については、ビジネス誌や情報サイトなどで度々紹介されていますので、信頼できる依頼先を見極めるために、最新の情報を得ることが大切です。その他、会社ごとの仲介手数料や専門のスタッフの経歴などにもこだわりたい場合には、全国的に展開をしている会社に問い合わせをしてみると良いでしょう。

中小企業の企業買収にも強い会社を探してみよう

企業買収の動きは、大企業だけでなく中小企業の間でも活発化しており、将来的に事業を拡大して、業界内のシェアをしっかりと確保するにあたり、余裕をもってM&Aの計画を立てることが大切です。特に、中小企業の企業買収に強い仲介会社には、各業界での実務経験が豊富なスタッフが在籍しているところも多く、買収の必要性や将来のビジネスプランの選び方など、様々な観点からアドバイスを受けることができます。また、コストを最小限に抑えて企業買収ができるケースもあるため、トータル的なコストについても、具体的に教えてくれる会社に依頼すると良いでしょう。

中小企業の企業買収の手続きを済ませるためには、数年以上にわたる期間が必要となることもあり、継続してサポートをしてくれるところを選ぶことが肝心です。その他、依頼先の選び方に悩んでいる場合には、手数料の金額だけでなく、担当のスタッフとの相性の良さや、対応可能なサービスの内容などにも注目をしてみましょう。

M&Aのサポートを専門的に行っている会社は全国に数多くありますが、会社ごとの過去の成功事例や専門のスタッフのキャリアなどにこだわりながら、じっくりと依頼先を決めることが重要です。特に、企業買収のための時間が長引く場合には、高額なコストが発生したり、必要な手続きが遅れたりすることもあるため、有意義なアドバイスをしてくれる担当者を探してみましょう。

また、企業買収の仕組みやメリット、デメリットについては、経験の少ない経営者にとって理解しにくい部分が多くあるため、様々な分野の国家資格を持つスタッフが揃っている会社を選ぶこともおすすめです。企業買収のベストな時期を判断したい場合には、日ごろから依頼先の会社の担当者と積極的にコンタクトを取るのはもちろん、買収のために必要な資金を余裕をもって工面しておくことが肝心です。なお、業種や事業規模、従業員数などによって、企業買収のために掛かる期間や費用に大きな差が出ることがあります。そのため、定期的に各地で実績のある会社が開催しているセミナーなどに足を運ぶことも良いでしょう。なお、企業買収におけるリスクに備えるため、万一の際のビジネスモデルについて、経験が豊富なスタッフと話し合っておくことも大事です。