事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&Aで解決できることとは?

M&Aというのは元来海外の企業が用いていた経営戦略のひとつで、今では国内でも買収もしくは合併を加味した活動が非常に多く実行されています。

たくさんのメリットがあり、効果的に活用することによって、課題を解決し成功を勝ち取る会社組織も珍しくありません。

 

技術の取得および事業の多角化が可能

買収サイドの会社、買収対象サイドの会社の2社以上によって完了するものです。

それを受けてメリットは買収サイドと対象サイドおのおのでメリットが見受けられます。

買収側の有益性として、まず第一に技術獲得があげられます。

買収サイドは新規事業に対する進出時に新たな形で開発することが求められます。

そのタイミングで入用になるのが手法やテクニックであり、こうしたメソッドを買収により入手できます。

ですので新規事業へと進出が簡単になると言えます。

ほかにも、買収サイドは多角化経営の現実化と隣接事業に対する進出が適うプラスアルファがあります。

長期にわたり費やした技術であるとか、専門的な知識を獲得することができるのでシナジー効果を発揮できます。

例として、不動産業を営んでいる会社が小売業を手にすることで不動産を小売業と連携させて広告口を拡大し、売り上げをあげるなど相互効果が見込めます。

以上のように多角化できる有効性があります。

 

人材が確保できシェア拡大を実現

企業経営において最もキーポイントとなる資源が人材といえます。

手法と人材確保が可能ならばプロジェクトを進めていくのにとてもアドバンテージになります。

加えて、会社組織のコア事業にウィークポイントがあるケースであっても人材確保により、そうしたネガティブポイントを良化することができます。

ほかにも、シェア拡大によって費用を減少させられます。

既存の業務のシェアの拡大については、規模の経済が機能し、仕入れ及び運用に関係した費用のカットが期待できます。

これに関しては買収の対象会社の取引相手並びにクライアントを継承することによって現れて来るアドバンテージで、事業拡大をスピーディーに実行できます。

これについては生産性向上の意味合も入っていて、品質管理や物流、販売部門をひとまとめにして適正化することが可能です。

 

売却サイドが得られる主なメリット

売却サイドがM&Aを考える理由として想定できるのは、後継不足もしくは社員の雇用確保、さらに資金が充足していないなどがあります。

こうした問題点を解決することができます。

中小零細企業の最たる問題とされている後継者に関する問題解決が、売却サイドを手にできる利点の一つです。

今では会社の経営者の高年齢化と国の老人社会化が問題視され、事業承継することができる人材が企業内に存在しないことや子孫がビジネスを承継することができるキャパシティーがなかったりと行き詰まっている会社の経営者が数多くいます。

こうした問題は第三者に対して事業承継しておくことによって払拭でき、ビジネスを潰さずに存続できます。

さらに、会社の経営者は事業存続させることを通じて廃業によるコスト削減を実行でき、売却益を活用することによって老後資金が入手できるという利点もあります。

また、単純な事業だけの売却でなく、自分の会社の社員や経営資源もターゲットとなるので、事業もしくは会社組織を売却した後も雇用確保ができ、会社の経営者として責任を果たすことが可能です。

過去一丸となって苦労を共有してきた社員をリストラするのでなく、社員が今までと同じ事業に関わりを持っていける道を作ることができます。

加えて、運営管理していた局面で培った、取引相手や仕入先、クライアントも承継に含まれるケースもあるのでネットワークも無くすことがなく、リタイアすることができます。

また、会社の経営者の個人保証の解消があります。

事業承継を実施する時に手段によっては、個人保証も含め承継できます。

個人保証から解き放たれるというのは会社の経営者からしてメンタル的にメリットがあります。

そして事業が勝ちに繋がっていないため強引に企業を売り払うという意味ではありません。

場合によっては本業に取り組むために他事業を譲渡する企業もあり、本業を除いた事業を買い取ってもらうことで、本業に注ぎ込む資金調達をすることができます。

さらに株式取得に因る資本参加という手段を活用することによって売却した後も経営に関係することができ、財務基盤のきちんとしている会社組織の傘下になりビジネスを進めることを通じて事業拡大させることが簡単になるアドバンテージもあります。

 

M&Aというのは、ここにきて目立つようになっている後継者に関する問題もしくはマーケット縮小による事業課題など多種多様な運営管理上の問題是正策として利用されています。

そして、こうした活動によって受ける会社組織のメリットは予想以上の場合もあります。

会社の経営に関する問題の解決の手段として活用され、事業承継に取り組むトレンドは増加傾向にあります。

 

 

サイト内検索
記事一覧