事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

コスパがいいM&A仲介会社を探そう

二つ以上の企業が合併したり、他の会社を買収することをM&Aと呼んでいます。

企業の合併や買収だけではなく提携までも含めるケースもあります。

そして、M&Aを成功させるためには専門の仲介会社に間に入ってもらうケースが大半です。

M&Aの仲介会社を選ぶ際、料金やサービス内容の違い、実績など異なる点は多岐にわたり一つとして同じということはないので、よく比較することが重要です。

比較しやすいポイントとなるのは、金銭面の違いでありコスパが良い仲介先を探したいと考えるのは当然のことと言えます。

 

基本となる報酬体系に注目しておく

金銭面の違いで比較しやすいポイントが、報酬体系です。

基本的には着手料と中間手数料、そして成功した際の報酬になっています。

仲介の会社による違いがあるのはもちろんのこと、案件の規模による違いもあるので気をつけなくてはなりません。

規模が大きいと、結果を得るまでにある程度の期間とコストも必要になってくることから、中間料が発生するケースが多いです。

仲介会社の中には完全成功報酬というスタイルもあり、完全成功報酬型の場合には良い結果になった場合に支払うということになります。

仲介会社が自らの仲介に対して自信があり、腕の良いスタッフが在籍しているということにもつながるので、選ぶ際の参考の一つにもなります。

相談した際にいかに親身になり話を聞いてくれて、しっかりとしたアドバイスがあるのかや料金やサービスに関して、素人でも理解しやすく説明をしてくれるのかも確認しておくことで、満足できる会社を選んで仲介を依頼することができるのではないでしょうか。

 

相談料や着手金にも注目しておく

企業の今後を大きく左右することになるからこそ、M&Aの仲介会社を選ぶときには慎重になるのは当然のことと言えます。

まずは複数に相談してから決めるべきですが、相談料の有無には気をつけなくてはなりません。

近年では相談だけならば無料で受け付けているケースが増えていますが、中には有料というところもあるので気をつけましょう。

相談料の有無で会社の良し悪しを判断するべきではありませんが、相談料と着手金はあらかじめ確しておく必要があります。

 

注意しておくべきポイントについて

無駄なお金を払いたくないと考えている場合や、本当に良い結果を得ることができた場合にのみ支払いたいと考えるのは当然のことであり、その場合には完全成功報酬型を選ぶのではないでしょうか。

しかし完全成功報酬型に関しては、注意しておかなくてはならない点もあります。

それの一つに譲渡金額に対する料率なのか、移動総資産に対するパーセンテージなのかという点があげられます。

移動総資産よりも譲渡金額のほうがかなりリーズナブルとなっている場合が多いので、完全成功報酬型だからと簡単に選ぶのではなく、しっかりチェックしておくように気をつけなくてはなりません。

もちろん金銭面の違いのみで判断するべきとも言えません。

どんなにリーズナブルでも、納得できる結果にならなければ依頼するだけお金も時間も無駄に費やしてしまったということになります。

タイミングも非常に重要になることであり、最適なタイミングを逃してしまったばかりにうまくいかないということもあるので、無駄な時間を使わないためにも複数の仲介会社を比較し、信頼できてコスパにも納得できるところを選ぶように心がけましょう。

中間手数料に関しては、成功かどうかに関係なく必ず支払わなくてはならない費用なので、最低限の出費の一つとしていくらかを把握しておくことは大切です。

もちろんその他にも、名義の書き換えをする場合の費用や買収監査にかかる費用などは、別途料金とし必要になってくるので、トータル費用を知った上でリーズナブルかつ信頼できる先を見つけるようにしておきましょう。

 

今の時代はM&Aの仲介会社は数多く存在しており、それぞれ料金やサービス内容、実績など異なる点は多岐にわたります。

どこが良いと一概にいうことはできず、ニーズに合っていて信頼できると感じる会社を選ぶことが、成功への第一歩へと繋がることは間違いありません。

依頼する場合にはある程度まとまった費用が発生することになりますが、コスパが良く納得できる先を探すためにも、複数の会社から見積もりを取り比較してから自社に適しているところを選ぶことが重要になってくるのではないでしょうか。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧