事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&Aのメリットとデメリットとは

M&Aのメリットとデメリットとは

企業の新規事業への参入や販路拡大など、さまざまな効果をすみやかに達成するため用いられることの多いM&A。
グローバル経済の厳しい競争を生き残るために、もはや不可欠の手段とさえ言えます。
外国の巨大資本からの買収を防ぐ手段としての敵対的M&Aにより日本企業のグローバル化も進みました。
世界中をシェアしていくというメリットばかりが取り沙汰されるM&Aですがその吸収合併や買収には必ず売り手企業と買い手企業が存在することを忘れてはなりません。
M&Aというビジネスグローバル化の通過儀礼のような行為が、それぞれにどのようなメリットをもたらし、どのようなデメリットがあるのか、しっかりと検証しておくことが大切です。

 

買い手市場となりがちなM&A

M&Aは企業同士の結婚のようなものでもあり、数回のデートを重ねながら相性を確かめ折り合いを付けていきます。
その仲人を務めるのはコンサルティング会社や金融関係に広いネットワークを持つ仲介業者です。
仲介業者はそれぞれの企業の相談を受けたコンサルティング会社より紹介を受け、双方の企業を行き来します。
売り手と買い手の条件が合致すればすみやかな契約成立となりますが、現実としてはさまざまな紆余曲折があります。
そのため、あらかじめ売り手側に低い価格設定を促す仲介業者も少なくありません。
買い手があってこそ成立するM&Aですが、売り手企業の売らざるを得ない状況というものはディスカウント要素のひとつとなりがちです。
より広いネットワークを駆使して、双方にメリットの多いM&Aが求められます。

 

買い手企業のメリット・デメリット

買い手となる企業がM&Aを行うのは積極的な理由によりますから、合併吸収時の混乱を除けばほとんどがメリットと言えます。
販路拡大や新規参入による事業の多角化など、新たな設備投資にかける経費や時間を削ることでスピーディな商戦を展開できます。
流通大手のイオングループがダイエーを買収し、シェアを大きく拡大したことは記憶に新しいところです。

① 規模の拡大とシェアの拡大
M&Aの最大のメリットは、設備投資することなく売り手会社の資源とシェアを取り込めることです。
買い手企業にとって未開の地であっても売り手会社が育んできたネームバリューは大きなメリットとなり、さらなる飛躍を期待させてくれます。

② 異業種への新規参入と
ひとつの小売業として出発した企業がシェアを伸ばし、周辺の異業種を吸収していくことで巨大なグローバル企業へと成長していくことがあります。
銀行やクレジットカード、保険や旅行に至るまで網羅している楽天グループなどはその典型と言えます。

③ 弱点の克服
事業展開の中でもっとも効率的なのがM&Aによって不得意分野を克服することです。
企業には、それぞれに特化した分野があり、それによって業界を支えてきた実績があります。
けれども、規模の拡大を図らなければ生き残れないという状況の中、それぞれの得意分野と不得意分野のニーズが合致すれば吸収合併は容易なことなのです。
太陽光発電において遅れをとっていたパナソニックは三洋電機を買収することによって大きく躍進しました。

④ 予定通りにならないデメリット
M&Aのデメリットは、予定通りの結果が得られない可能性も否定できないということです。
もちろん、事後努力が必要ですが、即戦力として期待したわりに合併後の混乱が長引いて結果を残せないというケースもあります。
それぞれに独自の経営や労働環境であった会社を融合させるわけですから、人間関係の軋轢や不平不満が噴出することも考えられます。
折り合いが付かなければ能力の高い人材でも辞めざるを得ないでしょう。
合併後しばらくはお互いに辛抱することが大切です。

 

売り手側のメリット・デメリット

〇メリット
地方の中小企業の多くが後継者不足に頭を悩ませています。

子供がいない、いても後を継ぐ気が全くないという場合、まさにM&Aの効果が発揮されます。

・また、資金繰りが上手くいかなくなり、存続が危ぶまれている会社状況において吸収合併や買収の話は渡りに船、何よりも従業員の生活を守ることができるメリットがあります。

・また、創業者は会社を売却することによって得た現金を自らの余生の生活資金とし、ゆとりある老後を過ごすことができます。

売り手側は企業としての存続が危ういゆえに売らざるを得ないわけですから、事業展開としては買い手企業に委ねられるケースがほとんどです。
新しい環境に放りだされた売り手企業の従業員たちは、戸惑いつつもそれまで培ってきた技術やサービスを生かし、躍進し継承させていくはずです。

〇デメリット
・それでも、新しい環境に馴染むには時間がかかるもの。
融合への待機時間は買い手企業、売り手企業問わずデメリットの時間と言えます。

 

デメリットもメリット

融合への待機時間はどのような事象においても起こりうることです。
その解決が困難であればあるほど、解決後は強固な体制を敷くことができます。
生みの苦しみはより良い作品への兆し、デメリットすらメリットと言えます。
双方のニーズが合致することを基準として前向きに検討していくことが必要です。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧