事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&Aの期間はどれぐらいになる?

M&Aに要する期間は最低でも半年は掛かっていくと考えるのが良いでしょう。業種や地域により差異は生じてきますが、準備を含めて考えると最低でも半年以上の時間は掛かかると考えられます。企業買収を行っていく際には、ニーズが高い業種ほど競合も多く、買収に時間も掛かります。

売却の場合は、ニーズが多ければ早い事業売却を可能にしますが、準備には時間が必要です。売却でも買収でも、自社の目的を明確にしていき、スムーズな実施を心がけていきましょう。また信頼出来るパートナーを探しておき、スムーズな進行を実現していきましょう。

 

M&Aには半年間は掛かっていくと考えましょう

企業の経営状況により、買収や事業売却が必要になるタイミングは生じるものです。財務状態や経営状況に問題が生じ、自社の事業を売却していく必要がある場合には、適切な売却先を見つけていくことが必要になってきます。事業売却や買収を行っていく際には、仲介会社やアドバイザーを活用していく形になります。

仲介会社を利用する場合は、売り手と買い手の双方を結びつけていく形になり、比較的早い売却や買収を実現出来るようになります。高額な金額が動く売買ですから、準備を含め相応な期間が掛かります。自社の事業を売却していくにも、体制の変更等の状態の変化を生じていきますので、社内体制の変更スケジュールも含め検討を行っていくことが必要になるのです。

ニーズの高い事業であれば、すぐに買い手も見つかっていきますが、事業売却を考える部門の場合は、一般的にニーズのある事業では無いケースも多かったりもするでしょう。最近はネット上に企業買収に関する口コミや体験談が掲載されるようにもなっています。実際に事業売却や買収を行った企業の担当者の方の口コミや体験談を参考にしながら、適切な仲介会社やアドバイザーを探していきましょう。

仲介会社とアドバイザーの違いは何か

企業買収や事業売却を進める際に、仲介会社を活用するケースとアドバイザーを利用するケースがありますが、実際にどのような違いがあるかイメージが掴めない方も多かったりもすることでしょう。仲介会社の場合は、売り手と買い手を繋ぐ役割を持ち、アドバイザーの場合は、自社に付き適切なアドバイスを行っていくようになります。

予算的な余裕のある場合は、アドバイザーを付けていくのが良いでしょう。事業売却を進めていくにも、アドバイザーを付けておくことで自社に有利な条件での売却を進めることが出来るようになります。仲介会社を通じて売却を行う方が、スピーディーな事業売却を進めていくことは可能ですが、必ず自社に有利な条件で売却を行えるとは限りません。

アドバイザーを付けていくことで、少しでも自社に有利な条件での売却を可能にしていけるものです。金額の面は勿論のこと、売却の時期や従事している社員の処遇に至るまで、トータルでの好条件での売却を進めていくことを可能にしていきます。信頼出来るパートナーを見つけ、少しでも利益の出る事業売却の実現を目指していきましょう。

新規事業の買収で迅速な事業立ち上げが可能になります

企業買収を活用することで、新規事業の早急な立ち上げを可能に出来るようになります。自社の業務を拡大していく上では、新規事業を自社で育て上げていくよりも、既存の事業を営む会社を買収する方がスピーディーな事業展開を出来るようになります。自社流に事業を立ち上げていくのも良いですが、新規で事業部を立ち上げていくには、時間が掛かっていくのは間違いありません。

旬の商材やサービスを扱う事業であれば、スピーディーな営業展開が必要になっていきます。自社で事業を育てていくよりも、既存の他社の事業を買収していき、迅速な営業展開の実施を進めていきましょう。企業買収を行う際にも売却と同様に、仲介会社の活用やアドバイザーの検討が生じていくようにもなります。

予算に余裕があるのでしたら、アドバイザーの活用を行い、少しでも有利な条件での買収を進めていきましょう。金額の面や期間、買収後のマネジメントを考え、スムーズな営業展開を進めることを検討していきましょう。高利益を生み出す事業を自社に取り組むことで、自社の財務状態は改善していきますし、今までに無い事業を取り込んでいけば、広範な営業展開を行っていけるようにもなります。信頼出来るアドバイザーを見つけていき、少しでも有利な条件での買収を進めていけるように検討していきましょう。

 

企業買収や売却を行うことで、自社の経営状況や財務体制に変化を生じさせていくことを可能にします。買収を行う場合でも、事業売却を進めるにあたっても、自社にアドバイザーを付けることが大切です。少しでも有利な条件で進めることで、経営状況を改善していくことが出来るようになります。最近はネット上にも、実際に仲介会社やアドバイザーを活用した企業の担当者の方の口コミや体験談が掲載をされてもいます。自社の目的や予算に応じたスムーズなM&Aを実施していきましょう。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧