事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&Aを成功させるために重要なこととは?

M&Aとは短い期間の内に事業拡大もしくは新しい事業に対しての参入、さらに運営管理の基盤強化を図れる、利用価値の高い経営戦略とされるものです。

しかしながら、どれほど事前準備を入念に進行させたとしても暗礁に乗り上げることがあります。

ですから、上手く運ぶために念頭に置いておきたい重要なポイントを理解することは大切になります。

 

シナジー効果が望めるマッチングが大事

ビジネス上においての相乗的な効果については、会社組織の業務の協働において、複数の会社組織やプロジェクトを連携させることを通して、獲得できる相互作用を意味します。

買収の履行の可否においても、買収サイドの既存の仕事と買収の対象先の事業との協力体制で得られるシナジー効果も非常に重要な判断軸となります。

相乗的な効果の創出は会社組織の価値向上にも結び付き、永続的かつ磐石の備えの財務の基盤構築並びに会社組織の持続的育成が実現します。

反面、一過性の収益獲得であるとか、短絡的な異業界に対する新規参入を主眼においた活動は、アナジー効果つまり、事業間においての逆効果がもたらされるリスクがあります。

その結果、敢行する買収サイドは、自分の会社が保持する従来からの業務との相性並びに実行後の運営管理体制の構築、それに加えて状況に応じた組織改革の徹底が必要不可欠です。

つまり、相乗的効果ができるマッチングが重要になります。

 

実効性のあるタイミングの見極めが大事

買収で実践する手法に関しては、株式取得に因る事業譲渡であるとか資本参加が通例です。

それを受けて、上場している会社のTOBに関しては、金融商品取引場で取引されている価格よりもプラスした価格によって株式を獲得することがよく見受けられます。

結果、買収サイドは一層安く手に入れたい、買収対象サイドはより高額で売りたいという、対立し合う思惑が生じることから、両社が納得のできる買収価格を設けられる実効性のあるタイミングを見定めなければいけません。

そして、実際には多種多様な手続き並びに調査が必要不可欠であり、敢行する両社の会社組織のスケールによっても、敢行するまでに長い期間を要することもあり得ます。

それに加えて、完了した後には業界のトレンドが変わり、構想していた効果効能を得られないといったことも少なくありません。

敢行する会社の経営者に関しては、会社の経営に関する周辺環境を敏感に認識し、数年先の形勢を見定めた上で、履行タイミングを決めることが重要です。

したがって、実効性のあるタイミングでの実施が不可欠といえます。

 

M&Aの実施後のPMIの実行も重要

買収サイドの会社組織にとっては、履行前よりも完了後の事業の管理運営や新たな形での組織確立が、成功させるためのキーポイントとなる大切な事項になってきます。

PMIに関しては、完了後の新たな形での組織体制を設ける際にどうしても必要な統合プロセスであります。

そして、実行後に欠かすことができない経営戦略の一つといえます。

PMIの履行については、経営戦略、ビジョン浸透そして、生産性向上及びコストカット、社員のモチベーション向上といった利点を得られます。

それのみならず、相乗的な効果の創出であるとか実行後のリスク軽減にも直結することができます。

M&Aにつきましては、買収の対象会社が保持する債務を含む、経営資源であるヒト、モノ、カネ一切合切を承継することになります。

したがって、実行後の人事制度改革あるいは運用システムの構築は必要不可欠な作業の一つといえます。

買収した企業を正しく運用する上でも実行後のPMI実施は不可欠でしょう。

終身雇用システムが壊れている日本国内の企業において、既存の年功序列を前提条件の職能給が見直され、成果主義を前提条件とした職務給が拡がりつつあります。

したがって、能力や成果を発揮するための全体的な人事制度改革を欠かすことができません。

しかしながら、今でも慣習を前提条件とした人事制度を踏襲する会社組織も少なくなく、M&Aによって会社組織を手に入れられたとしても、こうした制度が障害となり、シナジー効果が得られない可能性があります。

こうしたリスクを避けるためにも、実行後のPMIを介した人事制度改革を行う必要があります。

 

M&Aといいますと、企業価値が低い会社が買収されたり、運営管理に失敗した赤字会社を救うために実行されるというイメージがあります。

ですが、実際のところは事業をもっと進展させていくためのスキームの一つであったり、後継がいない為事業が続けられない可能性が高い会社組織を救済したりします。

また、会社組織の得意とする分野を買収によって成長させていき、過去自分の会社になかったアドバンテージを生み出すことができることに繋がる手法といえます。

株式取得手法、あるいは直接投資や間接投資のいずれの手法を取るかなど、検討しなければいけない点はたくさんあります。

買収の際は、会社の経営状態であったり、取りまく周辺環境などをあらかじめ調査することが大事になってきます。

また、シナジー効果やタイミングの見極め、実行後のフォローも大事になります。

そして、逆効果を生じさせる可能性があるため、実行する際は綿密な調査と注意深い意思決定を意識しなければいけません。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧