事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介会社に依頼する意味とは?

M&Aというのは、合併を表すキーワードと買収を示すキーワードの英語の略語になります。

具体的には、2つ以上の会社組織がひとつになったり、会社が別の会社を購入したりすることを意味します。

効果的な会社間のM&Aは中小零細企業には後継者に関する問題の解決、あるいは「創立者の利潤確保」など、大会社になると会社組織の規模拡大や競争力の継続など、色々なメリットに繋がります。

独力では非常に難しいM&Aについても、仲介会社にお願いすることにより円滑に行うことが可能となり、その点で依頼する意味があるといえます。

仲介会社はM&Aで成果を得る為に欠かせない存在です

M&Aで成果を得ることができれば売り手サイドにも買い方にもとても大きなメリットをもたらします。

しかしながら、一方で仕損じてしまうことで両者に多くの損失をもたらしてしまうケースもあります。

M&Aは会計、あるいは簿記それから、税金関連や経営戦略といった広い範囲の専門的な知識が必要とされます。

その為に一人の力で最初からラストまでM&Aを実施することはとても困難になってきます。

そこで、成功率を高くするために仲介会社に対してM&Aの仲介を頼んだり、M&Aアドバイザーへと相談したりする手段があります。

仲介会社とは、買い手及び売り手をマッチングさせるのみならず、デューデリジェンスであったり企業評価、さらに必要な関係書類作成といった事務面までバックアップしてくれます。

候補が見つけやすくスムーズに実行できます

M&Aに取り組む場合、とりわけハードルが高いことのうちのひとつが、買い手、売り手を見付け出すことといえます。

しかしながら、非常に多くの企業が仲介会社を活用していますので、仲介会社は数多くの買い手、売り手に関する情報を持ち合わせています。

その結果、自分自身の会社組織を売却しようとした際に、その必要な条件に一番フィットする買い方の候補をマッチングして貰えるので、取引先がとても見つけやすいといえます。

また、 M&Aを円滑に実施することができます。

仲介会社につきましては、売り手と買い手の候補をマッチングさせることのみが主な役割ということではありません。

マッチングする前の企業評価それから、合意締結から始まり契約締結に至るまで、ありとあらゆる段階でバックアップをしてくれる企業が少なくありません。

それに加えて、M&Aに欠かせない専門的な知識を持ち経験値も沢山ある人が担当することから、想定外のトラブルにも的確に対処可能です。

交渉の代理及び注意すべきポイント

当然ではありますが、売り手に関しては可能な限り高い金額で売りたい、買い手は状況が許す限りリーズナブルに入手したいものです。

売り手及び買い手がダイレクトに話し合いをしても、価格交渉の話が効率よくまとまることは珍しく、M&A の話そのものが白紙になるという手の施しようがないケースも考えることができます。

それに加えて、本気で話し合いをするとM&Aが成立した後にしこりが残ってしまうことが懸念され、一丸となって今後推し進めて行くぞという合意形成がされづらくなってしまう危険性があります。

従って仲介会社が買い手及び売り手の間に入り交渉を促進することにより、中立の立場から結論づけした価格で取り引きをおこなうことができます。

しかしながら、多くのケースで買い手に関してはリピート顧客になるので、買い手がアドバンテージとなる交渉に取り組む傾向にあります。

注意すべき点として仲介会社は、売り手、買い手の両者が手数料を払うことが大前提となります。

その上、売り手、買い手の代理を行なうという特性により、双方代理、利益相反のトラブルが生じてしまう可能性が考えられます。

成功報酬をアップするために買い手に有利ではない高い金額を示したり、確実に成功に導いて報酬を確保するために売り手に対して有利ではない安い価格を示したりする業者に注意が必要です。

こうした事柄を回避する手段として、報酬定額、金額設定の経緯といった重要な情報の開示などが考えられます。

 

M&Aの仲介を用いずとも、M&Aにつきましては実行することができます。

しかしながら、M&Aに取り組む企業の多くの場合は、とても高い取り扱い手数料を払ってでも、M&A仲介を有効に活用しています。

その理由はM&A仲介会社を活用すると、いろいろなメリットが得られるためです。

仲介会社を有効に活用するメリットはいろいろあります。

それに加えて、売り手サイドから見たメリット及び買い手サイドから見たメリットは少し異なってきます。

企業の価値に関しては、自分の会社では正しく把握することが非常に難しく、第三者の角度によりサービスそれから、技術、さらに資源といった価値を見積もることが必要不可欠になります。

そういった部分でも仲介会社は非常に重要な役割を担うと言えます。

貴重な会社をしっかりと売却したい方、手間なく円滑に買収したい人などは活用することを検討してみましょう。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧