事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

優れているM&A仲介会社の選び方とは?

いかに優秀なM%A仲介会社を選ぶかどうかに関して、選択時にはコミュニケーション能力の高さも見落とせない部分です。

長く経営者や社長との関わることも考えると、担当者の人間的な力量はかなり重要になることを忘れてはいけません。

人材教育にも熱心でコミュニケーション能力も高い

依頼をする際に誰もが成功を目指していますので、優れているM&A仲介会社の選び方として優れた人材が揃っていることは重要です。

担当者となってくれた人材がいかに熱意をもって取り組んでくれるのかによって成功は左右されます。

社員教育に力を入れている会社であれば、顧客のためにどこまでも知識と経験と情熱を注いでくれる、優れたスタッフを育成しているはずですので、任せても安心感と信頼レベルがかなり高いです。

M%Aの成約に関しては何が重要ポイントになるかといえば、それは実務を行う担当者の前向きさ、さらに相性が未来を決める要素になります。

実際にスタートすると時間的な制約はかなり大きくなりますが、その中でも大雑把にならず細かい作業を地道にこなしながら、軽いフットワークを忘れずに考えて行動のできる担当者は頼れる存在です。

いったん担当となった人物は経営者や社長などと長い時間関わることになり、長時間の業務を遂行する立場にもなりますので、コミュニケーション能力の高いこと、人間的な相性面を疎かにすることが出来ません。

どれくらいの規模で運営をしているかもチェックポイントであり、小規模フォームもあれば大手企業もあります。

数名ほどのアドバイザーを抱える小規模系もあれば、大手にもなれば数百人の人材を抱える仲介会社もあるので、担当者が優れていること、そのための教育をしっかりと行うスタイルを整えていることも重要です。

報酬体系の違いと料金スタイルに納得ができるかどうか

当然ながらそれなりの費用が掛かりますので優れているM&A仲介会社の選び方として、依頼をして納得ができる報酬体系であるか料金体系をとっているかも重要です。

あまりにも複雑化した料金体系では理解に苦しむことになりますが、優秀な会社ほど意外とシンプルにわかりやすくしています。

基本的にアドバイザー報酬や仲介報酬としては、着手金中間料成功報酬というのがスタンダードです。

業務は完全報酬スタイルで行うところもありますが、それも案件の規模などによっては、複雑化してしまうことがあります。

誓約までの時間や複雑化した内容、コスト面などが思いのほかかかるために、中間料やリテーナーフィー請求が発生することも珍しくはありません。

着手金はゼロ円で設定をしていて成功報酬のみの会社も存在をしているものの、買い手側と売り手側の間の真剣さに影響を与えてしまいます。

取引金額にある一定の両立をかけるリーマン方式を使っているのが成功報酬ですが、業者ごとに取引金額は様々です。

税金やデューデリ費用など基本となる費用以外に、様々な費用が掛かるのがM&Aでもあります。

単純に報酬だけの費用を考えていると、後から思った以上にお金がかかるとわかってトラブルになってはいけないので、他にも発生をする金額を見積もりしておくことです。

優秀な仲介会社の場合はこうしたことまで曖昧にはしないので、取引に関していくらかかるのかを、事前にわかりやすく見積もりをだして説明をします。

自社に有益となる強みを持っていること

何を強みにしているかは優れているM&A仲介会社の選び方として重要なことであり、すべての仲介業者が同じことに特化しているわけではありません。

営業力に長けている会社は買取企業関連においてもネットワークが広いですし、金融機関や会計士など専門技能に特化した会社もあります。

アドバイザー的なポジションを強みにしているケースでは、買い手側や売り手側についてよいアドバイスをくれますし、IT時代にマッチしたWEBサイト専門の会社も存在をするので、自社に合っているかどうかを掘り下げて確認をすることができます。

中小企業を専門としているのか、大企業との取引に強いのかなども違いはあります。

基本的にM&Aには幅広い知識が必ず必要になるので、会計や財務の知識に税務などはもちろんのこと、法律に関しても深く知識を持っていなければ仕事にはなりません。

どの方面の専門技能に力を入れていて強いのか、自社の求めるニーズを明らかにして選ぶことです。

選ぶ際に対応エリアも確認をする必要がありますが、エリアをある程度限定したエリア特化型で行っている場合もあるためであり、大手になると全国対応をしていることもあります。

グループや系列の縛りがない独立系は比較的自由に動けるなど、独立系か系列所属かによっても仲介会社にはかなり違いがあるのも知識として知っておくことです。

 

自社にとっていかに有益なM&Aの仲介会社であるかどうか、選ぶ際には非常に重要な事柄になりますので、これまでの実績や得意分野も掘り下げて確認をしておくことです。

頭脳プレーでもありますので会計や財務の知識はもちろんのこと、広い分野の法律面の深い知識も持ち合わせているかまで、優秀な仲介会社選びでは見落とすことは出来ません。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧