事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介会社はどのような仕事をするのか?

M&A仲介会社は、M&Aの際に会社を買いたいという企業と売りたいという企業の仲を取り持ち、スムーズにM&Aを行えるように仲介する会社になります。

M&Aを実施するという場合には長い間に渡って複雑な手続きを行っていく必要があります。

その過程で交渉の必要性なども生じたりするため、2つの会社だけでM&Aを完遂するのは困難といわれています。

ほとんどの場合は、M&Aに実施には、M&A仲介会社という専門会社などにサポートをしてもらい、無事に手続きを完了させていきます。

そのような支援的な業務を行っているのがM&A仲介会社なのです。

そこでこの会社についてご紹介してみたいと思います。

 

M&Aアドバイザーとしての業務がある

この仲介会社は買い手企業と売り手企業にとってスムーズにM&Aが進行するように支援を行っています。

そのような支援を行うための具体的な業務としてまず挙げられるのが売り手企業と買い手企業との最適マッチング業務です。

売り手企業にとっては、自社事業を買ってくれる適切な買い手企業を見つけることは非常に困難です。

今後の会社の運命を左右していくということになりかねないため、そう簡単に知っているから任せられるというものでもありません。

しかし、仲介会社は幅広いネットワークをもっており、企業に関する広くて深い知識などをもっています。

同業種だけでなく、異業種からも場合によっては相手を紹介し、最適なマッチングを提案できるのです。

売り手企業にとっても自分でマッチング相手を見つけるよりもよりよい相手を見つけるという点でも、仲介会社のマッチング業務はとても有益なのです。

また、この会社はM&Aをより効率的に進めるためのノウハウを保有しており、全体のコーディネート業務を行っています。

例え、M&Aのプロセスで予期せぬトラブルが起きても素早く対処法を助言することができます。

専門知識を有するM&Aアドバイザーなどのもつ独自ネットワークなどを活用し、法務や税務などの点などからアドバイスを提供できるということなのです。

 

交渉を進めるための業務を提供している

M&Aの機会は企業にとってはお見合いのようなものです。

売り手企業はできるだけ高く売りたいと思っていますが、買い手企業はできるだけ安く買いたいと思っているのです。

そのため、話がまとまらずにM&Aが白紙になるということもあります。

DCF法などを基に目安となる価格は出されますが、最終的な売り手と買い手の交渉で決まるのです。

この仲介会社が間に立つことで、より公平な立場で判断を下すことができ、その結果として適正金額で会社の売買が可能になるというメリットがあります。

このような話を進めていくためには仲介会社の交渉力が必要とされているのです。

売り手と買い手の両方にとって最大限の利益となるように交渉を進めていくという仕事もこの企業の重要な業務内容なのです。

仲介会社は一連の手続きが完了してM&Aが完結するまでには非常に膨大な種類の業務を行う必要があり、期間も数ヶ月以上はかかりま

例えば、相手探しや価格交渉などに関連する交渉や法務や税務等、M&Aでは行うべき業務は非常に多いのです。

このプロセスに関連する実務やアドバイスなどを含め、完了させるという目的に関する業務が全て仲介会社の業務内容ということなのです。

 

売り手と買い手のメリットを最大化させている

仲介会社の業務は、M&Aによって売り手企業と買い手企業のメリットを最大化させるということになります。

具体的には、売り手企業と買い手企業の規模とシェアの拡大のための業務や異業種への新規参入に関する業務などがあります。

M&Aの最大メリットは、設備投資なく売り手会社の資源とシェアが取り込めるということです。

また、売り手企業にとっても買い手企業とのM&Aによって、これまでネームバリューなどの活用で、異なった業界でのシェア拡大などによる金銭的なメリットを得られることなどが挙げられます。

さらに、これまでの課題を克服したり、不得意分野を克服することなどが挙げられます。

そのような双方のメリットを実現していくための役割も仲介会社の業務なのです。

企業にはそれぞれに特化した分野があります。

しかし、今後も継続的に規模拡大を図っていかなければ生き残れないという厳しい現実があります。

そのような中でそれぞれの得意分野を活かしたM&Aを実施しすることで今後のビジネスをより有利に展開できるようにサポートしていくということが仲介会社に期待されているのです。

また、これらのM&Aの実施は双方にとって本業と同時並行で行う必要があるため、仲介会社に任せた上で本業に専念した方が長期的な視点からもメリットは大きいといえます。

そのため、このような利便性の提供も仲介会社の業務内容になるのです。

 

仲介会社はM&Aを希望する企業同士のマッチングなどをはじめ、その後の交渉や手続きなどに関わる業務を行っています。

また、アドバイザリー的な役割も担い、売り手企業と買い手企業の間の中立的な立場に立って、仲介やコンサルサービスなども提供します。

そして、売り手企業と買い手企業のどちらの会社もお互いメリットが最大現に得られるように仲を取り持ち、具体的な交渉などを通してM&Aのプロセスがスムーズに進むように支援を行っています。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧