事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介会社の仕組みとは?

異なる企業が合併する契約をM&Aと呼びますが、これを確実に成功させるためには間に入る仲介人の存在が必要不可欠です。

M&A仲介会社はそういった企業同士の話し合いをうまく進めるという仕組みになっているので、うまく利用していきましょう。

 

 

 

 

会社の事業承継や譲渡をうまくまとめる

今持っている会社の後継者が不在である、もしくは事業がうまくいかないのであれば早めにM&Aに踏み切ると損失を少なく抑えることができます。

ですが、異なる会社同士で今まで培ってきた業務と人材を引き渡すことになるので、話がこじれやすいのがM&Aです。

仲介会社を始めるというのがハードルの低い行為となっているため、なんの実績のない人でも仲介をすることが可能となっているので気を付けましょう。

適当に仲介会社を選んでしまうと双方の会社にとって大きな不利益をもたらしてしまうことになるので会社の吟味は重要となります。

その仲介会社の選別の段階からM&Aは始まっているのだということを双方しっかり認識し、お互い納得できるところに依頼していくようにしましょう。

 

実際に利用するM&A仲介会社は地域で探す

あまりにも大きな会社同士のM&Aの場合は大手投資銀行などに任せなければ危険ですが、そこまで大きな会社同士でなければ小さな会社専門のところでも問題ありません。

小さな店や事務所は年間を通して業績が悪化などの理由で売却などが行われており、そういったM&Aを専門に行っている仲介会社がかなりたくさんあります。

そうしたところであれば過去の実績を持っているのでしっかりと情報収集していけば地域の信頼できる仲介会社を見つけられるでしょう。

会社売却を進めるにあたっては相手に少しでも高く売りたいと考えるのは当然ですが、買い手のほうは全く逆のことを考えるのも当然です。

その仲介人がこれまでに、自分の会社がやろうとしているM&Aと同じ仲介をしてきたのかを確認していかなければ、契約をまとめてもらうことは難しいでしょう。

さらに言うと日本のM&Aはお互いに友好的であることを前提としているので、そのあたりの事情もしっかり話して仲介してもらう必要があります。

どこの地域でも会社の売買は盛んにおこなわれているので、自分たちのやろうとしているM&Aにマッチしている仲介会社は必ず見つかるでしょう。

 

中小企業の存続で大きな実績を上げるM&A

日本ではおおよそ70%のM&Aが中小企業同士で行われており、会社の売却や事業承継、合併などで事業の存続を実現させています。

大企業に対抗するためにはお互いに協力していくのが一番の方法なので合併し続けて事業拡大を進めていくことは合理的といえるでしょう。

こうした企業間の協力がM&Aの目的ですが、その仲介者にはコンサル型とIT型、もしくはその両方を合わせた会社が存在しています。

地域のなかで会社の売買を行うのが一般的ですが、全国を見据えて事業拡大をするなら地元だけでなくほかの地方の会社ともやり取りしなければいけません。

それはかなり難しいことではありますが、今はネットを利用して時間をかけずにやり取りを進めていくことも十分に可能となっています。

自社をこれからどのように成長させていくか、どのようなM&Aを実施していくかによってM&A仲介会社の選び方は変わってくることをよく理解しておきましょう。

利用する仲介会社を間違えなければ結果的に事業の存続や拡大をうまく進められるので、これからの時代を切り抜けるために仲介会社を良く見極めるべきです。

 

異なる会社同士で事業の売却や譲渡を進めることは難しく、こじれやすいので必ずM&A仲介会社を利用しましょう。

目的によって利用するべき仲介会社は、コンサル型やIT型、その複合型など変わってくるので注意が必要です。

自社の都合に合った仲介会社を利用すれば、事業の存続はうまくいき、会社の業績は安定することでしょう。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧