事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&Aの歴史を知ろう

M&Aの歴史は1800年代に遡ります。

この時代にアメリカでは企業の合併が行われていました。

ライバルの会社の吸収合併することで、自社の経営体力を高めるのが目的でした。

それ以来アメリカでは数多く行われています。

日本の場合は1970年代から始まりました。

 

アメリカでは昔から行われていた

M&Aは最初にアメリカで行われていました。

ライバルの企業を合併することで、自社の利益の拡大を目指すのが一番の目的です。

どんな業種でも競争がありますが、競争はその会社の力を消耗するものでもあります。

例えば値下げ競争が起きたら、利益の増大は見込みなくなります。

それを防ぐためにライバルの会社を丸ごと買収して、自社の傘下に入れることで過度な競争による損失を減らします。

この合併は最初の同じ業種同士によって行われていました。

例えば石油会社が、別の石油会社を合併します。

しかしこの動きは次第に変化して、異業種の会社を傘下に入れるところも出てきました。

しかし行き過ぎた所もあって、これを規制する法律もできるようになりました。

それは一つの企業が一つの産業を独占することで、価格の寡占が行われるのを防ぐことなどを目的としたものです。

これによって企業同士の合併の動きがなくなったわけではなく、合併は現在でも続いています。

現代社会では国境を越えた合併も行われるようになりました。

このような変化の背景には、いろいろなM&Aの手法が開発されたことがあります。

昔のように強引な合併ではなく、合理的なものも数多く行われるようになっています。

その傾向に対応するように、手続きが複雑化し始めるようになり、合併する会社同士だけでは取引がスムーズに進まない場合もあります。

そこで間に入って、2つの会社が1つになるのをサポートする業者が出てきています。

このような業者に仲介を頼むことで、合併や合弁が円滑に進むことが多いです。

 

日本でも1970年代から行われていた

M&Aはアメリカだけのことではなく、日本でも昔から行われていました。

日本の中で特に目立った合併は大きな鉄鋼会社や銀行同士の合併です。

日本の場合も経営体力を高めるために実行されました。

敵対的な買収も行われており、大きなニュースになったことがあります。

1990年代には法律が改正され、証券ファンドの会社がこのタイプの買収を手掛けることがありました。

この動きは止まることなく、現在でも続いています。

例えば、老舗のスーパーで全国に店舗を持っていたところが、別の流通の会社の子会社になったことがありました。

私の生活に身近なところでは、規模の小さなコンビニエンスストアが、大きなところに吸収されることがあります。

いろいろな会社同士が合併や合弁をする動きは止まりそうにありません。

現代の日本では絶えずそれが行われていると言っても過言ではないでしょう。

高度資本主義の社会では企業同士の激しい競争がずっと続きます。

それを乗り越えるために必要な動きと次第に見なされるようになっています。

日本で今行われているものは複雑化しています。

海外の企業がこれを行うことが多いのですが、それだけではなく日本の企業の間でも行われています。

例えば優れた技術を持っている中小企業を資本力のある大企業が合併します。

さらに欧米の企業だけではなく、アジアの企業もこれを行っており、最近では日本の有名な電機メーカーが台湾の会社の傘下に入ったことがありました。

 

どの業界でも成立の過程が複雑化するようになった

M&Aは現在では複雑化しています。

特に1990年代から海外の企業が日本の企業を合併吸収することが盛んになり、その手続きが煩雑になりました。

国が異なれば、法律も異なります。

それぞれ別の国の法律に従って経営されていた会社同士が一つになるのは容易なことではありません。

間に入る業者の役割が増すようになり、それを専門的に手掛ける会社が増えました。

M&Aが多くなった歴史の背景には、企業観の変化があります。

以前の日本では会社は社長のものでしたが、現在では株主のものと考えられるようになっています。

株主の株のおかげでその会社が存続しているという意識が高まってきたためです。

社長をはじめとした会社で働いている人たちは大事な存在ですが、それ以上に会社は株主のものという考え方が日本の社会に浸透してM&Aが進むようになりました。

2000年代は円高基調にありましたが、2010年代は円安に変化し、それに合わせるようにして海外の企業による日本の企業の買収が進行しています。

同時に日本の企業同士の合併も進むようになりました。

この傾向は日本の企業同士が海外の企業に買収されることを防ぐ目的があります。

低価格化の進行もM&Aを後押ししています。日本ではデフレが続いており、いろいろな商品の価格が低下しています。

この低下による利益の減少を防ぐために会社同士が一つになる機会がこれからも増えるでしょう。

同時にこの動きをサポートする会社の役割も重要になり、今後さらに注目されることが予想されます。

 

M&Aはアメリカで始まり、現在の日本では数多く行われています。

一番の目的は自社の利益を高めることでしたが、今では企業同士の競争に打ち勝つことやデフレへの対応、異国の企業の買収を防ぐために行われることもあります。

 

サイト内検索
記事一覧