事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

失敗しないM&A仲介業者の選び方

失敗しないM&A仲介業者の選び方

M&Aという言葉自体の認知度が低いためM&A仲介業者に関しては存在すら知らなかったという方が少なくありません。
認知度の低いM&A仲介業者ですから、いざM&Aを実行しようとするときに仲介業者に依頼するかどうか迷い、また、どの仲介業者を選べばよいかわからないという経営者の方が多いのも頷ける話です。
そうかといってご自分で性急にM&Aを実施してしまうのはあまりに無謀、多大な時間と労力と費用を要します。
歴史の浅いM&A仲介業ですが、業者数は多くその種類やサービス内容もさまざまです。
自らの会社のM&Aの方向性と仲介業者との相性をよく見極めて選択する必要があります。

M&A仲介業者を選ぶときの注意点

M&A仲介業という業界は歴史も浅く特別な資格を要するものでもありません。
管轄する省庁もなく法整備も整っていないため自由な業界と言えます。
仲介業者を選ぶ際、どのような分野に特化し仲介手数料がどの程度なのかも大切な要素ですが、もっとも重視したいのはそれまでの実績です。
実績すなわち信頼性の高さでもあり、経験を重ねることによって対応の柔軟さが培われ、さらなる信頼を得ることができます。
どのような業界であれ、信頼される業績を重ねていくことが大切なのです。

 

秘密保持の信頼性

M&Aの仲介を委託するためには会社のすべてを仲介業者にさらけ出さなければなりません。
業績や資産のすべてはもちろん、数字に表れないリスクや私費の投入などの事実を明らかにしないことには、売買のパートナーを仲介してもらったとしてもトラブルが発生してしまいます。
売買を望む企業がすべての情報を開示することは当然のことであり、それを預かるM&A仲介業者の責任は重大です。
仲介業務に際して得た情報を大切に保管し、段階的に情報を開示し、最終的な合意へと結び付けるような努力が必要となります。
同業他社への紹介などはご法度であり、漏えいさせることはM&A仲介業の廃業を意味します。
完璧な情報保管により契約締結に結び付けられる実績こそが信頼性の高さです。

 

仲介業者にも得意分野がある

さまざまなタイプのM&Aがあり、それに則した仲介業者が存在していることを知っておく必要があります。
買い手企業に対して広いネットワークを持っている会社もあれば、譲渡を考えている多くの企業情報を得ている会社もあります。
また、企業の資本規模によっても得手不得手があり、中小企業や個人商店などを専門に仲介する業者もあります。
それぞれの実績と専門性を客観的に評価したうえで、ご自分の会社にもっとも適した仲介業者を選ぶ必要があります。

 

無料相談やセミナーへの参加

M&Aをスムーズに進めるためには、企画発案したそのときからM&Aに対する情報収集もしておくことが大切です。
M&A仲介業者の中には定期的にセミナーを実施している会社もあります。
積極的に参加し、情報交換や類似案件例などを参考にM&Aを進めていくことをお勧めします。

セミナーは複数業者と同席し全体的なM&Aの流れをつかむために必要ですが、個別案件に対しては対応できないデメリットもあります。
その部分を補う形での無料相談を実施している仲介業者も少なくありません。
無料相談の中ではさまざまな的確なアドバイスを受けることができます。
M&Aへの知識を深め、どのような手続きが必要かを知り、M&A合意後にも配慮したアドバイスを受けることができます。
経験の深い仲介業者ならではのサービスです。
場合によっては実際の売却価格を試算してくれることもあり仲介業者の選択も含めて、その後のM&Aの展開をどのように運ぶかの大きな指針となります。

 

料金体系を把握しておく

M&A仲介業者を選ぶときのひとつの基準として手数料の大小があります。
手数料が安いにこしたことはありませんが、安かろう悪かろうでは本末転倒、それなりの対価を支払う覚悟で良いM&Aを進める必要があります。
仲介業者の中には完全成功報酬制という形をとっている会社もありますが、着手料+成功報酬料という料金体系が一般的です。
案件の規模にもよりますが、スピーディで確実なM&Aを望む以上、着手した時点でさまざまな業務が生じるのはやむを得ないことだからです。
例え合意に至らなくとも預けた情報を留保され、繰り越されます。
より良いM&A合意のためには時間を要することもあります。

 

相性も大切

何を成すにも相性というものが大切です。
相性は夫婦のように育ててゆくこともできますが、M&Aの場合には悠長な時間を確保することが難しいため早い段階で見極める必要があります。
仲介業者がご自分の意志をどれだけ尊重してくれるかは大きなポイントとなります。
担当者とは幾度も交渉を重ねなければなりませんし、M&Aのパートナー企業との相性については言うまでもないことです。
数字に置き換えられる部分に加え、フィーリングで判断してしまう部分もありますが、気持ち良くM&Aを進めていくことが成功への近道です。