事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&Aの流れとは?

事業を拡大したいときなどは自社内で新たに始めるよりも、その事業を行っている会社を買収した方が効率的です。

実際にはその事業を行っている会社がたくさんあり、その中から適した相手を自分で探すのは難しいでしょう。

 

売り手も買い手も仲介業者と契約

新聞などでたまに見かけるのが株式の取得によって経営権を得ようとする行為です。

上場している会社であれば市場に対して一定価格以上で買う旨を伝え、その株式を保有している投資家が納得すれば売却をしてくれます。

そして一定の株式を得たことによって経営権を得て取締役などの派遣を行います。

これは敵対的買収とも言われ、相手企業に相談をしなかったり了承を得ていない状態で行う買収になります。

企業が他の企業を買収するときにこの方法ばかりが行われているイメージがあるかもしれませんが、敵対的買収は日本ではそれほど多くないかもしれません。

一般的なM&Aの流れとして、まず売り手と買い手がそれぞれ仲介業者に相談をします。

売り手は自社を買ってもらうことができないかの相談をし、買い手は希望に合う売り手がいないかを相談します。

つまり売り手の方も納得をしたうえで買収が行われることが多いと言えるでしょう。

売り手は市場に対して誰か買ってくれませんかと広告などを出すことはできません。

従業員の士気にも影響しますし、投資家などに対しても影響を与えます。

いかに外部に情報を知られないように買い手を探すかを考える必要があります。

そこで仲介業者に間に入ってもらい、周りにわからないように話を進めていきます。

買い手としても広告を出したからとどこかの企業が売り込んでくるケースが少ないので、売り手の情報をたくさん持っている仲介業者に依頼をして相手を探そうとするのでしょう。

 

業者から互いの条件に合う相手を提案

商品の販売をしたり購入をするとき、秘密に行うケースはそれほどないでしょう。

どんどん売りたい相手に売り込みに行きますし、購入先をいくつか調べてその中から利用しやすい業者を選定したりします。

競争させてより良い条件で購入できる相手を見つけようとするときもあるでしょう。

ですがM&Aでは、基本的には秘密にして行われます。

買い手は買収先を探しているのがわかってもそれほど影響はしません。

しかし売り手は買ってくれる相手を探すとなると業績に大きく影響するときがあります。

流れとしては仲介業者に登録をして互いに目的に合った業者を提案してもらうことになるでしょう。

仲介業者には売り手側と買い手側がそれぞれで契約を結んでいます。

すると仲介業者に買いたい業者と売りたい業者の情報が集まり、それぞれが出している条件をマッチングして相手を探します。

すると条件に合う会社が複数社見つかるので、互いに会社名などの詳細情報を伏せて提案をしていきます。

ここで相手の情報を出すとその情報が流出する可能性があり、それぞれの会社に迷惑が掛かってしまいます。

それぞれの会社が行っている事業であったり、現在の状況や将来のプランなどの提案を受け、うまくマッチングした時に初めて相手を伝えます。

買い手企業に売り手企業の名前などを知らせることをネームクリアと言い、この状態になるとかなり本格的に話を詰めていく方向で進めていきます。

もちろん頓挫してしまうときもあります。

 

どんな方法を取っていくかを決めていく

企業は互いに機密情報を持っていて、競合他社などに対しては機密情報を知られないようにしないといけません。

もし知られてしまうと経営に影響する可能性が出てきます。

M&Aにおいては特に買収される側はそれを社内でも知られないように話を進めていきます。

流れとしては互いの相手が決まったらどんな方法を取っていくかを決めていきます。

買収先を吸収して会社をなくしてしまう合併がありますし、資本関係を結ぶものの会社名などは残す買収があります。

互いに希望があるのでそれぞれが希望を出し合い、仲介業者がそれぞれの希望に合致できるような提案をしていきます。

買い手側は効率的に運営をしたいので合併を希望し、売り手側は社員の雇用を守るために買収を希望するときがあります。

どちらにするかで大きく変わるので、そのままでは話し合いはまとまりません。

合併と買収のそれぞれのメリットを伝えた上でどちらの方法にするかを考えていきます。

買収を希望する売り手のために当初は社名変更などがない買収をし、一定時期まで安定して運営ができた頃合いを見て会社を統一するなどがあるかもしれません。

雇用に関しても一定年齢以上はそのまま在籍するのを認めるなど問題が起きないようにしておきます。

互いに買収を行ったり受けたりしたことがなく適当に行おうとするとトラブルが発生します。

仲介業者に仲介をしてもらうと事前に起こりそうなトラブルがわかり、トラブルが起きないような配慮をしてもらえます。

 

新規事業を行うときなどにスムーズに行うなら既存の会社の買収があります。

まず仲介業者に登録をし、仲介業者を通じてマッチングをしてもらいます。

それ以降相手が決まったら細かい決め事などに付いて話し合っていきます。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧