事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&Aの仲介会社とアドバイザーの違いとは

M&Aを進める際に、仲介会社を利用する場合とアドバイザーを活用する場合があります。仲介会社は、売却希望会社と買収希望会社の間で仲介を行うのが仕事です。アドバイザーは、売却希望会社側や買収希望会社側に付き、会社にとって有益になるような交渉を進める形になります。

自社を売却する際には、仲介会社よりもアドバイザーを活用する方が有利な売却を目指すことが出来るようになります。また、買収を希望する際には、短期的な事業展開の場合は仲介会社を活用する方が良いですが、予算があり、長期的視野に立って事業戦略を立案するには、アドバイザーを活用した方が良いでしょう。

仲介会社とアドバイザーの違いを理解し、予算や目的に応じた適切なM&Aを実施していきましょう。

企業買収を行うことで経営改善を実施できます

企業買収を行うことでお互いの企業で相乗効果を得ることが出来るようになり、業績の向上に繋がったり、新規事業への参入も可能になります。と言うのも、自社に足りない部分の事業を育てるよりも、市場から調達する方がスムーズな事業の立ち上げを行うことが出来るからです。

企業買収を行うには、仲介会社を利用しての買収と、アドバイザーを立てて適切な企業を探していく方法に分かれます。仲介会社を利用する方が低コストで買収を進めることは出来ますが、長期的な視野に立ち企業の買収を進めるには、経験豊かなアドバイザーを立てることが重要になります。

買収も株式取得や資産買収等、様々な形式があります。自社の予算や目的に応じた様々な方法を活用して企業買収を進めるように心がけましょう。

特定分野でお互いの利益のためにノウハウを共有出来ます

企業買収を進めることで、特定分野でお互いの利益のためにノウハウを共有することが出来るようになります。また、新規参入を考える事業分野への投資を自社で進めるよりも、既に市場で展開している企業を買収する方がスムーズな事業立ち上げを行うことが出来ます。自社に無い技術やノウハウを共有していくことで、新サービスや新製品の開発を成功させる確率も向上するでしょう。

売れ筋商品の提供を行う際に、自社で研究開発を進めていては、他社に出遅れてしまう可能性が高くなります。既に市場で展開しているサービスや商材を扱う企業の買収を進めることで、スピーディーに市場への参入が可能になり、新規市場での成功の確率が高くなります。生産性の向上や研究開発の面は勿論のこと、既存の販売チャネルも活用出来るようになり、販促活動もスムーズに行えるようになります。

成長に掛かる時間の短縮が可能になります

人材の育成や物作りのノウハウを自社に構築していくには、どんな業態であっても時間が掛かります。どのような商材やサービスでも、市場が冷える前に参入していかなくては成功は難しいものがあります。企業買収を活用することで、自社での体制構築の時間や流通チャネル構築の手間も省くことができ、スピーディーな事業展開を実践できるようになります。

企業買収を行う際には、仲介会社を利用した進め方とアドバイザーを活用した方法があります。仲介会社を利用する場合はスピーディーに買収を進めることが可能になりますが、自社の目的に沿った会社が売却されているかどうかが重要なポイントにもなってきます。予算的な余裕のある場合には、経験豊富なアドバイザーを立てることにより、長期的な視野に立った買収を進めることが可能です。

企業買収を行うことで、新規で参入する事業やサービスを自社で成長させる時間やコストも掛からなくなり、スピーディーな事業展開を実現出来るようになります。企業価値の拡大を実現することや、自社の弱い部分の改善に高い効果を得られるのが企業買収の効果です。最近は、企業買収に関する比較サイトも数多く見られます。実際に企業買収を行った担当者の方の口コミや体験談を参照し、自社に最適な仲介会社やアドバイザーを選びましょう。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧