事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

「合併」と「買収」の違いは?

合併と買収は、結果的には同じような感じになるので、違いが良く分からないと言う人も少なくありません。

また、両者はどちらも経営に関する内容の単語と言うことは分かっていても、その言葉の詳細な違いが分からず、実は同じものなのではないかと思われてしまっていることもあります。

では、両者にはどのような違いがあるのでしょうか、やはり世間で抱かれているイメージ通り、明確な違いなんてないのでしょうか。

 

合併と買収は、結局どういう意味の単語なのか?

二つ以上のある会社が統合して経営を行うようになると言う点から行くと、合併も買収も同じと言えます。

ただ、その統合の仕方が色々とあり、その方法によって合併、買収と分類することができるようになっています。

そもそも合併とは、二つの会社がある場合、どちらか一方の会社、若しくは両方の会社が消滅した状態で経営を実施する方法のことです。

勿論これは会社名だけでなく、組織、そこで働く人材、所有している資金や株式等も全て一つにされる状態のことです。

反対に買収は一つの会社がもう一つの会社の方の株式を買い占めて、買い占めた方の会社の権限を握る状態になります。

つまり、株式を買い占められた方の会社は、買い占めた方の会社の傘下に入ることになるので、消滅してしまうことはありません。

また、株式をどれだけ所有しているかが権限の大きさを変え、もちろん沢山所有する方がより力がある状態になります。

 

合併・買収のメリットは何だろうか?

合併を行うメリットは、それぞれの会社がまとまって一つになるので、よりその会社の規模を大きくし、一体感を高めることができると言うことです。

会社が大きくなることによって、以前よりも財務基盤も強固なものになるので、社会的な信用も得やすくなると言うメリットがあります。

また経営に関しても重複している点を削除したりすることもできるので、上手に行うと経費削減にもつながります。

買収のメリットはどのように行うかによっても変わってきますが、株式譲渡の場合は手続き自体が非常にスムーズだと言う点が特徴です。

また、事業譲渡の場合は契約の範囲内で譲渡する事業を選ぶことができるので、全て相手の会社の傘下に入ってしまう訳ではありません。

 

合併・買取のデメリットは何だろうか?

二つの会社を一つにできる等のメリットがありますが、実は、その反対に知っておくべきデメリットも勿論存在しています。

例えば、合併の場合は、実は書類上の手続き等が非常に煩雑になっており、手間がかかるだけでなくコストもかかってしまうことが多いと言うことです。

勿論、二つの会社を一つにすると言うことで、会社内部の組織の見直しも必要不可欠となってきます。

だから簡単に二つを一つにミックスすれば良いと言う訳ではなく、実際に行う際は段階を経て少しずつ行われて行かなければなりません。

また、負の財産を継承することにもなるため、後から発覚した場合に経営に大きな打撃を与えるトラブルが発生することもあります。

したがって、実際に合併を行う際は相手の会社についてはしっかりと調べ、本当に手続きを進めても良いかどうかをしっかりと検討してから行わなければなりません。

買取りの場合は、株式譲渡の場合は手軽に行うことができる為魅力的に見えますが、その反面、相手の会社の負の財産を継承する可能性もあります。

また、その手続きを行う際に個人的に行ってしまうと、何かしらのミスが合ったとしても全く気付かないまま手続きを進めてしまうこともあります。

そのためできるだけトラブルが発生しないようにするためにも、間に専門家に仲介してもらって行うと言うのが基本です。

事業譲渡の場合は契約の範囲内での譲渡と言うことになるので魅力的とされますが、そもそも契約内容を決める上で時間がかかることがあります。

勿論両社の同意を得ることができなければ進めることができなくなってしまうので、協議に時間がかかってしまうことも少なくありません。

 

合併も買収も二つある会社を一つにすると言う点では同じようなイメージを抱かれがちですが、実は全く違った内容となっています。

勿論どちらに関してもメリット・デメリットが存在しており、上手に活用すればより経営を安定させることができる等の魅力もそこにはあります。

しかしどんな場合でも行えばメリットを感じることができると言う訳ではなく、進め方によっては今後の経営を左右するトラブルが発生しかねません。

したがって、実際に行う際は合併・買収の違いを知るだけでなく、それぞれのメリット・デメリットも知っておく必要が出てきます。

またなるべくトラブルがない状態で進めて行きたい場合は、間に専門家を入れて手続きを行うことが基本です。

そうすることで素人ではなかなか気付くことができなかった内容に対しても気を付けながら手続きを進めることができます。

つまり、発生するトラブルを最小限に抑えることができると言うメリットがあるため、現在では合併・買収の仲介を行う業者を利用することは珍しくありません。

サイト内検索
記事一覧