事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介会社のデメリットを最小限にする方法

成功させるためにはM&A仲介会社に依頼するという方法が良いのではないでしょうか。

一口にM&A仲介会社といっても、数多くの仲介会社が存在しており、それぞれ得意としている内容にも違いがあります。

もちろん依頼することで必要となるトータル費用や、サポート体制など異なる点は多岐にわたるのでよく比較してから選ばなくてはなりません。

失敗しないためにも、まずはM&Aを行う目的を明確にすることから始めましょう。

 

仲介会社の主な役割を理解しておく

M&Aの仲介会社では、同一のM&Aアドバイザーが売り手と買い手の間に立ち、交渉の仲介を行うことにより、中立的な立場でM&Aの成立に向けて助言業務を行なうことが基本となっています。

しかしどんなに優秀な仲介会社に依頼してもらっても必ずしも成功するというばかりではありません。

依頼者側にもリスクがあり依頼をためらうケースも多いからこそ、完全報酬型にしている仲介会社も多くなっています。

依頼することにより費用が必要になりますが失敗に終わるという可能性もありの点はデメリットといえます。

それを防ぐためにも、よく比較して本当に信頼できる業者を選ぶことが、デメリットを最小限に抑えるためのポイントとなっています。

初期段階の相談からM&Aの成立まで、売り手と買い手の両者の要望をしっかりと把握し、それぞれの利益のバランスを考えながら、条件の落とし所を探るような形で交渉を進めていくことになります。

仲介業者の主な役割としては、売り手と買い手双方のニーズに合ったパートナー探しであり、様々なネットワークを駆使した上で、条件に見合う相手を見つけたり複数の候補を出し紹介してもらうことになります。

問題点やリスクは専門家により対処を行い、合意後の経営体制に関しての相談に乗ったりアドバイスをするなど、企業の行方を見守ることも役割となっています。

 

資格が不要だからこそ実績のある業者を選ぶ

仲介会社と一口に言っても、大小さまざまな会社があるように、それぞれに得意分野に違いがあるのはもちろんのこと、特化したサービスを展開していたり、総合的なプロデュースを行ったりと強みに違いがあります。

M&Aの仲介会社といっても、何か特別な資格や許可申請が必要というわけではないので、名乗ろうと思えば誰もが名乗ることができてしまいます。

どこでも同じだと考えてしまうと望んでいた結果にならないこともあるので気をつけなくてはなりません。

専門として行なっているのではなく税理士や会計士などが副業的に始めている会社が多いのも現状です。

税理士や会計士は、専門性は高いですが、その反面で知識が偏る傾向にもあります。

株式上場している大規模な仲介業者では、各専門家を抱え幅広く対応していることが多いので、よく比較して選ばなくてはなりません。

素人の判断では成功には繋がりにくいということもあり、どのような目的の場合でも経験豊富で信頼できる仲介業者を選ぶことが大切です。

 

相談をして複数を比較してから決める

今の時代ならばインターネットを使えば簡単に仲介会社を探すことができ、大まかな料金なども知ることができます。

しかし、実際に相談してみないとわからないことも多いのが、資格がない仲介会社の特徴ではないでしょうか。

必要となるトータル費用を知り、本当に安心して任せることができる仲介会社を選ぶためにも相談をすることが大切になってきます。

 

仲介業者選びのポイントとなるのは、M&A成立件数が豊富にあるかどうかはもちろんのこと、多くの企業とコネクションがあるかどうかを基準にしておくようにしましょう。

依頼者のニーズを察知し、適切にマッチングできる力があるのかなと、ニーズにしっかり素早く応えてくれるのかも重要なポイントといえます。

M&Aの成功のためにはタイミングも大きく影響してくることになるのはもちろんのこと、どのような方法で行なっていくのかも重要になります。

仲介会社が数多く存在するようになった今の時代だからこそ、デメリットを最小限にするためにも、業者選びは慎重に行いましょう。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧