事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介会社選びに失敗しないための対策とは?

M&A仲介会社とは、会社を「譲渡したい側」と会社を「買収したい側」を仲介する事業を行っている企業のことです。

ところがM&Aを検討し実際に実行に移そうとしても、ノウハウも何もない状態では何をどうすればいいのか、全く見当が付かないというのが現実です。

そこでM&A仲介会社に依頼する企業が増えていますが、仲介会社選びを失敗しない為の対策として、どんな点を見極めたら良いのか、いくつかのポイントを見ていきましょう。

 

 

実績・専門知識の高さ・豊富な案件への対応力があるか

まずは過去の実績や専門的知識を備えたスタッフの質・レベルをしっかり確認することが大事です。

M&Aをスムーズに進めるためには、経営・財務会計・法律・税務に至るまで幅広い知識を必要とします。

そこで各分野での専門知識を備えたスタッフ体制がしっかり敷かれているかもチェックし、幅広い案件への対応力があるかもチェックしましょう。

経験や実績が多ければ多いほど、様々なケースへの対応能力が高く、各クライアントのニーズに沿った提案が出来るということになります。

実際に担当してくれる相手と話をしてスキルをしっかり確認しておく事です。

また相性がありますので、経験値だけ高くても信頼感が生まれなければ、スムーズなやりとりは困難になります。

 

仲介会社の強みと自社のニーズがマッチしているか

仲介会社と一口にいっても、大企業向きなのか、中小企業の案件実績が多いかで変わってきます。

また、財務や金融など専門的能力を備えた会社と、買収する側の企業などに多くネットワークを持っていて営業力が高い会社があります。

仲介専門会社として業務を行っている会社もあれば、母体が銀行や証券会社、監査法人である場合もあります。

グループ企業や母体企業がある場合はそれにより持っているネットワークも違ってきますし、受けられるサポートもそれぞれです。

具体的には銀行ならば融資をしてくれたり、監査法人であれば財務面でのサポートが強いなどです。

仲介する際の「立ち位置」としての違いもあります。

譲渡する側の立場に立ったサポートを行うのか、買収する側の立場になるのか、その中間で双方の仲立ち的業務を行うのか、そのあたりも確認が必要です。

以上のような点で、仲介会社の特徴や強みと自社のニーズがマッチしているかどうかをしっかり見極めることが肝心となります。

 

費用・報酬体系を明確に示しているか

M&Aの手数料の相場というのは非常に分かりづらい事が多いので、悪質ですとその複雑すぎる報酬体系を利用して結果的に高すぎる手数料をとる会社も存在します。

何に重きを置くかは仲介会社も、きめ細かいサービスで妥協せず時間をかけて行いたい、その分お金がかかっても仕方がない、と考えるか、効率的にとにかく短期間で終わらせたいと考えるかです。

そういった価値観も含めて、仲介会社が示す報酬体系にはその仲介会社の企業理念が反映されていると言っても過言ではありません。

そして具体的にチェックするポイントですが、費用として派生する「着手金」と「成功報酬金」についてどうなっているかをまず確認してください。

主に業務の初期経費として使われる「着手金」ですが、無料という会社も多くあります。

ですがその分「成功報酬金」に上乗せされている可能性もありますし、他に月額報酬という形で中間費用がかかる会社もあります。

また報酬額の算定基準が、仲介会社により違うという点も知っておくべきです。

例えば「企業価値」の対象が株式のみなのか、負債を含んだものなのか、で大きく変わってきます。

実際に契約を締結する前に、かかる費用の項目全て、そして算定基準の元となる対象範囲、算定方法について明確に示しているか、内容も含めてしっかりと見極めることが肝心です。

 

自社のM&Aを成功させるための仲介会社選びはとても重要です。

会社の実績や専門知識や事例の豊富さ、強みが自社のニーズや理念とマッチしているか、報酬体系はきちんと明確に示しているか等をしっかり事前調査した上で、最適な仲介会社を選びましょう。

サイト内検索
記事一覧