事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&Aに必要な経費は?

M&Aは仲介会社に依頼することが一般的ですが、いざ依頼するとなれば数多くの会社の中からどこを選んだら良いのかで悩むのは突然のことです。

それぞれ料金やサービスの内容、実績など異なる点は多く一つとして同じということはないので、必ず複数から見積もりを取り、比較してから選ぶようにしておきましょう。

ニーズにあっている会社かという点も重要になってきますが、行う際に気になるポイントの一つとなるのは、経費はどの程度かかってくるのかという点ではないでしょうか。

依頼先や規模による違いも当然大きいですが、ある程度の基本は頭に置いておくことが大切です。

 

仲介会社に依頼する際の手数料について

M&Aを行うとなれば、ありとあらゆる付帯経費が発生することになり細かな金額も多いですが、積み重なっていくことでまとまった金額になるので、細かな点までしっかり計算に入れておく必要があります。

仲介会社に依頼せずに直接相手を探し交渉するとなれば話は別ですが、直接となれば知識や経験が必要になるのはもちろん、予期せぬトラブルに発展する可能性も高いので、よほど自信がない限りは避けるべきではないです。

そうなれば仲介会社に依頼するのが自然な流れですが、その場合には場合は仲介手数料が必要になることは頭に置いておかなくてはなりません。

大半の仲介会社は最低報酬を設けており、取引の規模が小さい時には、最低報酬になると考えておくべきです。

最低報酬も仲介会社による金額の違いはかなり大きく、幅が広くなっているので仲介会社を選ぶ際には最低報酬金も比較するポイントの一つとなってきます。

 

相談料や着手金にも注目しておくべき

仲介会社に依頼する際には、複数を比較して見積もりを取るだけではなく相談をしてスタッフと話し合い、信頼できるのかをチェックすることも必須となってきます。

その際には、相談料の有無にも注目しなければなりません。

近年では相談のみならば無料というケースが増えていますが、中には有料というところもあります。

どちらが良いと一概にいうことはできませんが、相談する前に料金の有無は確認しておくとスムーズで安心できます。

その他にも業務委託契約締結時に支払う着手金はどの程度かも確認しておきましょう。

規模が大きくなればなるほど、時間もコストもかかることから中間料が発生する場合が多いです。

月額報酬や成功報酬に関しても、相談の時点で確認しておくことがポイントです。

依頼していざ支払いとなった時に予期せぬトラブルにならないためにも、契約時にしっかり内容把握はしておくようにしなければなりません。

 

買う場合と売る場合の違いについて

仲介会社に支払う金額は、あくまで仲介を依頼することにより必要となる費用であり、買い取る場合や売る場合には、その他にも金銭面の負担が発生することになります。

買い取る場合には当然、買取金額が発生します。

それ以外にものれん代にも注意しておく必要があります。

買収先のブランド力や技術力などの無形の資産に対し、売る側の企業の純資産以上に評価し、上乗せされた金額ということであり、こののれん代に関してもしっかり話し合いを重ね計算に入れておく必要があります。

売る側の場合には仲介会社に依頼する分しか必要ないと考えてしまいがちですが、そうではありません。

株券印刷費に注目しておくようにしましょう。

株券の発行が必須である会社の場合は、売り手が買い手へ株券の受け渡しをすることにより、M&Aが成立したということになります。

株券の発行はしていない企業が増えていますが、確認はしておくべきです。

株券の発行が不要という場合には、株主名簿の記載内容を変更するのみとなっています。

 

M&Aにより企業の規模の拡大につなげることができたり、様々な悩みの解決にもつながります。

しかし仲介会社二依頼することにより、当然経費が発生することになり細かな点まで計算に入れてしっかりと見積もりを取ってから決めなくてはなりません。

仲介会社によって、相談料や着手金、成功報酬など金銭面で異なる点は多いので複数から見積もりを取ることがポイントとなってきます。

もちろん、金銭面の違いのみで判断するのではなく、実績があり納得できる結果に導いてもらえないことには意味がありません。

数多くの仲介会社があり、適している会社はそれぞれ異なるからこそ、よく考え経費も把握した上で行うべきです。

サイト内検索
記事一覧