事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介会社に相談すべきことは?

M&Aは海外で元々行われていましたが、近年では日本の企業でもM&Aを行うことは珍しくは無くなりました。

M&A企業の合併買収のことであり、二つ以上の会社が一つになったり、ある会社が他の会社を買ったりすることが基本となっています。

しかし、M&Aの広義の意味としては企業の合併や買収だけではなく、提携までを含める場合も珍しくはありません。

大規模な企業が行うものというイメージがありますが、後継者を探すためや、規模の拡大など様々なことが対象ということもあり、中小規模の企業でもM&Aを行うことも増えました。

譲渡目的という場合には、売り手と買い手がいかにマッチするかが重要なポイントとなってきます。

成功することにより売り手側にも買い手側にも双方に大きな利益をもたらすなどのメリットが望めますが、失敗してしまうと双方に大きな損失が生まれてしまう可能性もあるというリスクもあります。

知識も経験もない素人が自らのみで行うことは、リスクが大きいということは間違いないのではないでしょうか。

その場合に役立つのが、M&A仲介会社です。

専門に行っており、知識や実績が豊富にある仲介会社ならば、より良い結果に導いてもらえることは確かです。

しかし、一口に仲介会社といっても数多くの仲介会社があり、どこを選ぶよかは重要になってきます。

今の時代ならばインターネットを使えば簡単に仲介会社を探すことができますが、いきなり契約をするのではなく、まずは相談してみるようにしましょう

初期で相談するべき内容について

一口に仲介会社といってもたくさんあり、得意としている分野や強みにも必ず違いがあり、目的に適している仲介会社を選ぶことが重要になってきます。

仲介会社を選ぶには、まずは話をしてみるべきですが、その際には初期の段階で「本当にM&Aを行うべきなのか」ということも聞いてみるべきです。

M&Aが必要に違いないと思い込んでしまっているというケースも稀にあるのはもちろんのこと、タイミングが適していないということもあります。

その場合には、本当に必要かどうかを聞いてみるようにしましょう。

信頼できる仲介会社ならば、自らの会社の利益だけではなく、依頼者側のこともきちんと考えてくれているので、M&Aを行う必要があるのかや、タイミングは適しているかどうかをはっきりと教えてくれます。

むやみにM&Aを実施するべきだと契約を探してこないかどうかを確認するためにも、M&Aを行うべきかは聞いてみるべきではないでしょうか。

M&Aはどうやって進めるのかも聞いておく

M&Aに関して何と無くは理解していても、本当にしっかりとした内容をわかっているという人はそう多くはないのではないでしょうか。

内容をしっかりと理解しておかないと、思っていたものと異なる結果になってしまうということにもなりかねません。

どのような方法で進めていくのかということも、しっかりと聞いておくようにしなければなりません。

M&Aの内容に関して理解したいという時には、まず無料相談などを行なっているところを利用してみるようにしましょう。

良い相手企業が見つかる可能性があるかどうか

譲渡目的という場合に重要になりきになるポイントといえば、「良い相手企業が見つかる可能性はあるのか」という点や、見つかる可能性がある場合には、「どの程度の期間があれば見つかるのか」などではないでしょうか。

どんなに実績が豊富にある仲介会社で優秀なところに依頼することができたとしても、必ずしも良い相手が見つかるばかりではないということも頭に置いておかなくてはなりません。

万が一望んでいる結果にならなかったらどうするのかということは考えなくてはなりません。

良い相手がなかなか見つからなかった場合を常に考えておく必要があり、そうなった時にはどうしたら良いのかアドバイスをしてくれるのかも確認してみるべきではないでしょうか。

仲介会社は仲介して終わりというところもあれば、その後までしっかり見守る役割を担っているところもあるので、仲介会社による違いをしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

M&Aを行う理由は企業により違いがあり、目的に適している仲介会社を選ぶことが大切になってきます。

企業に関することを話すからこそ、秘密厳守であり信頼できる仲介会社を選ばなくてはなりません。

重要なことを隠してしまうと、思わぬトラブルにも発展してしまいかねないので、しっかりと伝えることができるのかにも注目しておくべきです。

M&Aの対象になるのかや、行う必要があるのか、そしてタイミングはいつが良いのか、希望しているような相手が見つかるのかなど相談しておくべき点は多岐に渡ります。

依頼するかどうかを悩んだ場合の初期段階はもちろんですが、依頼した後にも話し合いをしっかりと行なって、希望を伝えていくことが、望んでいる結果にするためには必要不可欠であり、わからないことや疑問もしっかり聞いておく必要があります。

サイト内検索
記事一覧