事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介会社の比較ポイントとは

M&Aの仲介会社を比較するポイントは数点あります。そのうちのひとつが、仲介会社の得意分野や実績です。各社の実績は、よく比べてみると良いでしょう。さらに支払う報酬の数字や、担当者の熱意なども軽視できません。

各社の得意な分野を基準に比べる

M&Aの仲介会社は、それぞれの強みに違いがあります。例えば、専門技能に特化している会社です。会社によっては、専門性が高い業界に特化している事があります。金融業界などは、かなりの専門性も求められる傾向があります。他にも、飲食関連やIT分野に特化している仲介会社もあります。

また、営業力に関する違いもあります。仲介会社によっては、かなり幅広いネットワークを構築しています。特定の企業との強力なパイプを持っている会社も少なくありません。幅広いネットワークがある会社の場合は、営業力も優れている傾向があります。

ひとくちに仲介会社と言っても、実に様々な種類があります。その専門性や得意分野を見極めて比較し、最適な会社に依頼するようにしましょう。

各社の過去の実績やノウハウなどを比較する

ところで肝心の仲介が成功するか否かは、ノウハウなどに左右される傾向があります。というのも売却や営業譲渡などは、かなりの専門知識が求められるからです。事業経営に関する知識や、法律に関する知識も求められます。

このため仲介会社の過去の実績などは、各社を比べる基準の1つになります。例えばある業者Aの場合は、過去に100件前後の依頼を引き受けてきたとします。しかも、その依頼の大部分が成功している状況です。それに対して業者Bの場合は、まだ数十件程度で、過去に成功した実績があるか否かも不明な状況です。AとBを比較してみれば、Aの方が実績が豊富であると判断できます。実績がある仲介会社であれば、営業譲渡なども無難に遂行してくれるでしょう。

また、事業年数も比べる基準の1つになります。そもそも法人の専門知識は、事業を営んでいる年数に比例する傾向があります。長い間事業を営んでいる法人なら、多くのノウハウも蓄積しています。いわいるパイオニアの仲介会社などは、様々な仲介を手がけている訳ですから、多くのノウハウがあると思われます。創業年数なども調べる事ができますから、各社の公式サイトも見比べてみると良いでしょう。

担当者の熱意や依頼料金などで比べる

仲介会社の熱意も、軽視できないポイントになります。そもそも仲介会社は、様々な細かい作業を短時間で実行しなければなりません。このため、フットワークの軽さも必要です。また、ヒアリング能力なども重要です。フットワークが軽く、仲介を依頼する側のニーズを的確に把握できる業者ならば、スムーズに営業譲渡を完了できます。

なお仲介会社からは、見積もりを出してもらう事もできます。その際、業者の担当者と話をする事になりますから、熱意などを観察してみると良いでしょう。また見積もりを出してもらうことで、依頼料金なども確認できます。その料金も、各社を比べるポイントの1つである事は、間違いありません。いくら良いサービスを提供してくれる仲介業者でも、予算オーバーになってしまっては依頼できませんから、各社の料金も比べてみると良いでしょう。

以上のように、M&Aの仲介会社を比較する基準は、全部で3つあります。まずは各社の得意分野や過去の実績を知り、そして担当者の熱意や料金を比較しましょう。