事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&Aの税金の基本を知ろう

M&Aによって会社組織が高い金額で売れれば、その段階で後に問題が一切ないことを意味しているのではありません。

会社組織を高い金額で譲渡すれば、それに見合うだけ税金が高くつくのは勿論のことですが、株式譲渡や事業譲渡さらに会社分割など、どういったスキームを取り入れるかで課税される税は違いがあります。

基本方法として、数多く利用されるスキームの株式譲渡及び事業譲渡について理解することは非常に重要です。

 

株式譲渡に因る会社組織売却における税について

株式譲渡によりまして会社組織を売り払った場合、株式の売却価額から株式の取得費を差し引いた株式譲渡益に対して、20.315パーセントの税金の支払いが必要になります。

課税されるのは、該当の株式を譲渡した株主となっており、対象会社に対して税は発生しません。

 

事業譲渡においての売却に関しての税について

その一方、事業譲渡を実施する当事者に関しては対象会社であって、対象会社が該当の事業を譲渡するということですので、対象会社に対して税が求められます

加えて、こうした場合、事業売却益につきましては法人税が必要ですが、事業売却益とは言うものの個別の資産売却という一面があります。

ですので、こうした個別資産毎に売却益が弾き出され法人税の支払いが必要になります。

さらに個別の資産毎に、ひとつの例として、対象事業において不動産が入っていたケースでは、不動産取得税、登録免許税等が生じることとなります。

さらに、対象事業において営業権をつけた場合、営業権の価格が5年で均等償却して法人税においての算定上の損金へと算入することが可能です。

それから、事業譲渡に関しては、資産譲渡という面があります。

ですので消費税も必要です。

これについても消費税の非課税品目に関しては税は必要ではありません。

なので、事業の譲渡にともない移る資産を個々に検証することが求められます。

このようになると、株式譲渡益課税より事業譲渡益課税の方が多いので、株式譲渡のほうがアドバンテージとなるのかと言いますとそんなことはありません。

事業譲渡益課税を算定する局面で、対象の事業の構成資産の資産取得原価が高いケースでは譲渡益そのものが小さくなります。

ですので、株式譲渡益課税に比べて低くなることが想定されます。

株式譲渡益課税についても、株式取得原価が低いケースになると税金が高くなってしまいます。

いずれの方が安いのかに関しましては、やはり細部にわたって検討する必要があります。

しかしながら、M&Aのスキームとして、株式譲渡及び事業譲渡は大きな相違点があります。

ですので、むしろそういったものをも検討し、いずれのスキームを取り入れるか絞り込む必要があります。

 

役員退職慰労金及び役員貸付金についての扱いの相違

ほかにも会社組織の売却にあたって、株式譲渡代金の一部分を役員の退職慰労金という形で支払ってもらうケースもあります。

そのような時は、所得税の退職金課税ということで、所得税そのものが課税されることになります。

しかしながら、役員退職慰労金の退職金課税の税の率に関しては所得税率の半分の軽減税率が用いられますし、勤務している年数に見合った大きい金額の控除もあります。

ですので、とても大きな課税がかかることは数少ないです。

さらに、会社組織の売却にともなって、役員貸付金を返してもらう可能性も高いと考えられますが、返済に関しては特段課税されません

買主の候補企業に対しまして、役員貸付金を債権という形で譲渡した場合、時価より高額で売却したケースでは、課税される可能性があります。

そのため、具体的について、どういった手法を起用すべきか、そういった時、どういった利点が生ずるか、さらにいかなるデメリットがもたらされるのかについて、事情を考えて、思案することが大事となります。

 

M&Aの履行を想定している会社の経営者はここにきて多くなっています。

新しい事業創出、事業承継に関する問題解決など実施する目的は色々あります。

どういった目的であれ、取り組む上で避けられない問題として税金があります。

厄介なことに、実施する方法によって、税金のタイプ、税率が違ってきます。

あらかじめどういった形で課税されるか知っていなければ、あとになって税関連で自責の念に駆られる可能性が高くなります。

実施すると、例外を除いて高確率で課税されます。

M&Aにおいては、巨額なお金が動くことから、課税される税も多額になります。

そのため行う前に、先だって税対策について考察することが不可欠です。

税対策を考慮に入れるには、手法毎に課税されることになる税金を意識しなくてはいけません。

あらためていうまでもなく、要領を得たM&Aの手法を効果的に活用することによって、支払う税を低く抑制することができます。

とりわけ、の基本的な手法として、たくさんの人が利用するスキームの株式譲渡並びに事業譲渡に関して、税金対策を含めて深く把握することはとても重要になります。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧