事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介会社の見極め方とは?

M&Aの成功のためには仲介会社の存在が大変大きなものとなりますし、その会社に信頼があるかどうかと同時に、担当になる人材にも信頼があることを確認して会社を選ばねばなりません。

それぞれの会社ごとに料金スタイルには違いがあるので、納得のゆく料金スタイルであるかも確認をすることです。

 

 

 

 

仲介会社と働く人材に信頼があるかどうかは大事な要素

M&A仲介会社の見極め方として基本的なことにはなりますがビジネスシーンには必須の信頼感を無しに安易な選択はできません。

これからM&Aを成功させることが出来るかどうか、そのカギを握っているといっても過言ではありませんから、その会社が信頼をできる事、また携わる人材に信用があることを前提に選ぶことです。

これまでの経験は豊かなものであるかどうか、実際に成果を出してきた実績もたくさんあるのかまで確認をすることです。

多くの顧客を得るためにもそうした会社では、最初のステップとして無料相談などを開催していることが多いため、こうした無料相談も利用をするようにします。

事業経営や法律をはじめとしてM&Aは、税務や会計などビジネスで必要となるかなり広い分野の知識が必須になりますし、知識だけではなくこれまでの経験もものを言うため知識と経験がなければ始まりません。

知識だけ詰め込んでいても現場での経験値がなければ結果を出す力量に欠けることがありますし、経験があっても常に学びを忘れることなく、新しい幅広い知識をインプットする努力を怠るようではいけないので、両方を兼ね備えていることです。

仲介業者を選ぶならば信頼性が高いこと、そして実績としても十分にあることは外せない要素になります。

 

自社のニーズを叶える強みをチェック

どの企業でも自社を最優先してもらいたい気持ちがありますが、M&A仲介会社の規模やその会社ごとの方針もさまざまであるため、特に大手企業ともなると1名の担当が多数の案件の同時進行をするケースは珍しくはありません。

大手ならではの知名度や注目度から、小さな会社より大手に依頼をする傾向はありますが、同時進行の案件が多数の担当者の場合、すべての取引先に平等に対応をすることは難しいです。

成功率が高ければ担当者の仕事としてもやりやすく企業の売り上げにもつながるので、すべての案件を同じ速さで行うことはありません。

M&Aのための担当者が過度の案件を1人で抱えているようなら、自社の優先率として高いとはいえず、後回しにされれば成功も遠のくばかりです。

会話というコミュニケーションを大切にして、もしも案件を多数抱えすぎている担当であれば、それは避けるほうが無難になります。

仲介業者の見極めの際には、その業者が何を強みとしているかもチェックをすることです。

多数の業者が存在をしていて得意分野も異なりますので、自社では何に特化しているとメリットが多いかを考えましょう。

 

仲介業者ごとの料金スタイルの違いにも注目

費用面も選択時の大きなポイントになりますが、仲介業者ごとの料金体系にはそれぞれで違いがあります。

成功報酬金額の計算方法やテーナーフィーに中間金の有無、着手金の有無などによっても違いは出てきますので、すべての業者が同じ料金での取引ではありません。

特に慎重に事を運びたいシーンとしてあるのが着手金であり、これはM&Aが万が一希望通りに成功をしなかったとしても、いったん支払ってしまったものは戻っては来ませんので要注意です。

契約を交わしたら毎月支払わねばならないのがリテーナーフィーであり、基本契約を締結した際に支払うのが中間金になります。

それぞれの仲介業者の料金スタイルは異なることを前提にして、自社としても納得のできる料金体系であることを確認することです。

 

まずはその仲介業者のホームページを閲覧して、これまでの実績や経験値が豊富であるかどうかをリサーチしますが、多くの会社が行っている無料相談を利用する良い方法です。

実際に相談をしてみた際に親身になってくれるかどうか、これから長い取引になると相性も必要になるので、無料相談は利用をするようにします。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧