事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&Aを成功させるポイント

M&Aを成功させるポイント

さまざまな企業の成長戦略のひとつとして行われているM&A。
日本国内におけるGDPが減少傾向にある昨今、事業の再編や海外シェア拡大を目的として増加傾向にあります。
これまでに幾度もの買収を繰り返し成長してきた企業もあれば、リスクを背負い縮小せざるを得なかった会社もあります。
古くからビジネスアイテムのひとつとして合理的にM&Aを繰り返してきた欧米に比べ、義理人情を重んじる日本人気質は吸収や買収をネガティブに捉える傾向にありました。
そのため、M&Aの普及は遅れ、気付いたときには巨大な外国資本に買収されていたというケースが多々あります。
外国資本から国内企業を守るために敵対的M&Aに目覚めた会社も少なくありません。
今なお、M&A後進国のレッテルを拭えぬまま、海外進出も一長一短の展開を余儀なくされています。
グローバルスタンダードを目指す企業はもちろん、後継者不足や資金繰りの悪化に伴い存続の危ぶまれている会社にとっても、M&Aは欠かすことのできないビジネスアイテムです。

事業承継のためには必ず成功させなければなりません。

 

スムーズな売却と買収のために

M&Aは売却を希望する会社と買収したい企業双方の合意があって初めて成立します。
合意後も会社再編のための混乱が続き、赤字経営となるケースが少なくありません。
むしろ混乱は当たり前のこととして数年を経て結果を出す会社もあれば債務を膨らませ衰退していく企業もあります。
それぞれの国の政情や時代背景に左右されるのは当然ですが、それさえもM&Aを企画発案したときに予測しておく必要があります。
M&Aの成功と失敗の境目をどこに置くかは難しいことですが、あらゆる未来予想図を描けることは売り手と買い手双方の会社にとって大変重要なことです。
そのためには、綿密な計画と時間的余裕が必要なのは言うまでもありません。

 

売却を希望する会社は早めに準備しておく

会社の売却を検討する最大の要因は経営者の経営意欲の減退です。
後継者不足や将来性が見通せなくなったことを理由にM&Aを検討するようになります。
ここで注意すべきは、会社の売却を希望するからといってすぐに買い手が見つかるわけではないということです。
経営者は最低でも3ヶ月の猶予を持ってM&Aの準備を進める必要があります。
その間業務は継続し、譲渡しやすい環境づくりに励まなければなりません。
経営の足枷となるような無駄な業務を削り、筋肉質の経営を維持しておくことが売却時の高い評価につながります。
売却希望価格と評価額の差があまりに大きい場合には、タイミングをずらすという決断も必要です。
会社を売るということは、共に汗を流してきた従業員も、それまで培ってきたノウハウや技術も一緒に売却するということです。
経営者としての夢とそれまでの人生を売りに出すような非情な決断でもあります。
安易に折り合いを付けられるものではありません。
買い手企業との交渉が困難な場合にはM&A仲介業者などを頼るのもひとつの方法です。

 

買い手企業が抑えておくべきポイント

M&Aは積極的な事業戦略ではありますが、その分リスクを伴うことも覚悟しておかなければなりません。
特に文化や慣習の異なる海外への進出に関しては注意が必要です。
その国の政情や経済状況に左右されるのは明白、緻密な計画と明確なコンセプト、そして時代を読む先見性が成功のカギを握ります。
海外進出を果たした日本企業の中には数年経ても損失を計上し続けている会社も少なくありません。
日本の会社はM&Aが上手くないと言われる由縁です。
買収することで規模を膨らませることだけが会社の成長とは限りません。
足枷となるようならすみやかな売却を検討することもM&Aの上手な利用方法です。
無駄を省き、脱皮を繰り返しながら企業は成長していきます。

 

スモールM&Aを成功させるポイント

数千万円から10億円クラスまでのM&AのことをスモールM&Aと呼ぶことがあります。
中小企業や個人商店などの小規模資本によるM&Aです。
その理由の大半は地域性や後継者不足によるもので、経営自体は健全な場合が多いので交渉がスムーズに進む傾向にあります。
その反面、会社への強い思い入れが妨げとなったり、従業員の心が離れていったりすることも考慮しておかなければなりません。

小規模の企業は地元住民が社員のほとんどを占めている場合が多く、内面的な結びつきが非常に強い傾向にあります。
売却や買収による新たな労働環境への適応に戸惑いを感じる社員や拒絶する従業員が現れる可能性も否定できません。
必ず一人一人の従業員の納得いく形でM&Aを実施しなければなりません。
また経営者同士もお互いの心情を配慮し合い、契約に結び付ける努力をしなければなりません。
スモールM&Aは合理性や戦略性より人間の感情が重視される傾向にあるということは売り手企業、買い手企業共に覚えておく必要があります。
それぞれに売却買収の目的、事業展開を明確にしておくことも忘れてはなりません。

サイト内検索
M&A仲介会社ランキング
フォーバル
ストライク
M&Aキャピタルパートナーズ
日本M&Aセンター
GCA
記事一覧