事業承継や株式・事業譲渡を検討している方におすすめのM&A仲介業者をご紹介

M&A仲介会社ランキング

フォーバル
創業30年以上の経験に基づく高品質なサービスを提供している「フォーバル」

本サイトで栄えある「オススメしたいM&A仲介会社」の第1位に輝いたのは東京の渋谷区に会社を構えている「フォーバル」です。

この「フォーバル」は創業以来30年以上の運営実績を誇っており、これまでの対応者数は年間延べ20万人!
多くの経営者の事業譲渡や事業承継に向き合ってきた実績の中から得たノウハウや技術、知識が豊富にある会社で、各社の実情に応じた事業承継の実行支援を行っています。

「フォーバル」の特徴としては、きめ細やかな対応、これまでの実績はもちろん、従来の情報通信機器やOA機器の保守メンテナンスサービスにとどまらない企業経営支援サービスを全国約2万社に提供してきました。
ですので、その全国2万社のコンサル先ネットワークを活かし、スピーディーに譲受候補先のご紹介ができる事も特徴と言えるでしょう。

「他社に相談したけど会社規模が小さく断られた」
「債務超過、赤字だけど会社を残したい」
といった事業譲受候補が見つからず、不安な気持ちになっている経営者の方はまずはこの「フォーバル」に問い合わせしてみることをオススメします。きっと納得できる取り引きが出来るはずですよ!

ポイント①
30年以上の運営実績を持つ老舗!
ポイント②
会社の磨き上げからM&A後までワンストップ対応可!
ポイント③
M&Aに関するセミナーも開催!
ポイント④
柔軟な手数料体系で安心!
ストライク
メンバーのスキルが高いと評判の「ストライク」

次にご紹介する人気M&A仲介会社は、東京の大手町にある本社を中心に全国各地に拠点を設けている「ストライク」です。このM&A仲介会社は公認会計士が主体となって設立した”M&A専門”の会社となっており、非常に個々のメンバーのレベルが高いと評判。そのようなことから2位という位置づけとさせていただきました。

詳細をお伝えしますと、ストライクのメンバーは、企業評価や譲渡スキームの立案といったM&Aの重要業務に精通した公認会計士、並びに金融機関出身者などM&A仲介実績の豊富な経験者や大手企業のM&Aに関して携わっていた方が沢山在籍しています。

高度な専門知識やノウハウ、広範なネットワーク、柔軟な発想と旺盛な行動力を発揮して、確かな解決策を提供していると評判なので、的確なフォローをしてもらいながら事業譲渡をされたい経営者の方は問い合わせてみてはいかがでしょうか?

ポイント①
ハイスキルなメンバーが集って出来た仲介会社
ポイント②
ネットでM&Aがテーマの「SMART™」の運営元
ポイント③
セミナーにも注力
ポイント④
M&A onlineも運営!
M&Aキャピタルパートナーズ
優秀なメンバーが集結している「M&Aキャピタルパートナーズ」

本サイトのM&A仲介会社ランキング第3位は「M&Aキャピタルパートナーズ」です。M&A仲介会社の中でも草分け的存在の会社であり、会社名をご存知の方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

「M&Aキャピタルパートナーズ」は社員の給与が高いということでも認知度が高く、そのため非常に優秀なメンバーが少数精鋭で在籍しており、2014年には東証一部上場を果たしているので、着実に成長をしている会社と言えるでしょう。

M&Aのスキルに関してとても高いですが、料金体系はとても良心的。成果報酬に近い比較的安価な料金体系で依頼をすることができるので、大手企業からの依頼というよりかは、中堅・中小企業を対象としてM&A仲介サービスに特化したM&A仲介会社のイメージが濃いです。

また「M&Aキャピタルパートナーズ」は調剤薬局関連の事業譲渡・買収を得意分野としているので、該当する経営者の方で事業譲渡・買収を検討している方は問い合わせてみても良いかもしれませんね。

ポイント①
圧倒的知名度の高さ!
ポイント②
メンバー・社員が優秀
ポイント③
安心の成果報酬型
ポイント④
調剤薬局系の取引に定評があるM&A仲介会社
日本M&Aセンター
案件リスクへの対応に力を入れているところが特徴の「日本M&Aセンター」

第4位は「日本M&Aセンター」。こちらのM&A仲介会社は他のM&A仲介会社とは少し異なった立ち上げの経緯があり、全国の公認会計士・税理士が共同出資で創設した27年目の実績がある完全独立系のM&A仲介会社となっております。

そのような背景もあり、メンバー個々のM&Aに関する知識や経験も非常に豊富で、クライアントからの信用もとても厚いと評判。他にご紹介しているM&A仲介会社と変わらず、納得出来る事業譲渡・譲受が出来るでしょう。

「日本M&Aセンター」は社内にも30名の士業専門家によるサポートチームや250名超のコンサルタントが在籍しており、現在でも1,670近い士業事務所と連携するなど、案件リスクへの対応に力を入れているところが特徴とも言えるでしょう。

または「日本M&Aセンター」は中堅・中小企業を対象にしたM&A事業を展開しており、対象となる経営者の方はきめ細やかなフォローを受けられるはずですよ。

ポイント①
全国の公認会計士・税理士が共同出資で創設したM&A仲介会社
ポイント②
「企業概要書」の作成に定評がある
ポイント③
セミナーや公演会も多数開催
ポイント④
幅広い選択肢やサポートを受けられる
GCA
海外にも視野に入れたM&Aなら「GCA」

本サイト内で「オススメしたいM&A仲介会社」の第5位は「GCA」という企業です。

「GCA」は独立系専業M&Aアドバイザリーファームとして「クライアントのために本物のM&Aアドバイスをしたい」という思いに共感した仲間が集まって2004年に創業した会社。そのメンバーのスキルも非常に高く、M&Aの担当目線だけではなく、本当に自社の経営者目線を持って、的確にサポートを行ってくれると評判も上々。

また日本のみならず、海外展開や海外の企業への事業譲渡・譲受などにも対応している会社ですので、海外の会社からの依頼も多いグローバル企業の色が濃いのが特徴と言えるでしょう。

現在の日本では「M&A」自体がまだマイノリティであり、事業譲渡・買収と聞くと、あまり良い顔をされない方が少なからずいるのですが、海外ではM&Aはごく一般的な事業経営の一つとして認知されているため、日本国内で良い事業譲渡先が見つからなかったとしても、積極的に「M&A」を行っている海外法人の中で良い巡り合わせがあるかもしれません。

海外にも目を向けてM&Aを検討している方や、海外企業の買収を検討している方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

ポイント①
海外展開や海外の企業への事業譲渡・譲受などにも対応
ポイント②
法人向け有料会員制の「GCAクラブ」を提供
ポイント③
ファイナンシャルアドバイザーとして取引高ランキングに入賞
ポイント④
クライアントリピート率が高いのもポイント

よく読まれている記事

日本国内でも「M&A」が浸透?

現在の日本ではメジャーとは言い切れない「M&A(Mergers and Acquisitions)」。ですがここ近年では徐々に日本国内にもM&Aが浸透しつつあります

基本的には事業の買収もしくは合併という意味で用いられる「M&A」ですが、ここ最近では大規模な資本提携や、業務提携も「M&A」の意味合いに含まれており、大手企業の例で挙げると「任天堂とDeNA」が業務資本提携を行いました。

このように大手の企業の場合は、

・自社のサービスの品質向上の為
・新規参入市場のためのハウツーの交換(提供)

などといった、「会社規模拡大」のために「M&A」を行うことが多いです。

このような事業規模の大きい会社のみが「M&A」を行っているかと言うと、近年は全くそのようなことはありません。

今の日本国内で問題となっている中堅・中小企業の「後継者不足」に関しても「M&A」をフルに活かすことによって、事業の承継や存続はもちろん、事業価値を増加させることが可能なのです。

ちなみに海外では以前から「M&A」による企業の提携や買収、譲渡が頻繁に行われていますが、日本では2000年代に入ってから徐々に浸透してきました。

筆者一個人の意見ではありますが、特に日本の「ものづくり」を支える中堅の会社などでは後継者不足が叫ばれており、中にはそれが起因になって会社自体を畳んでしまう企業が後を絶たないのが無念でなりません。もっと「M&A」を活用すれば、撤退・廃業せずに良い形で後世にその技術を伝えることも可能なのです。

ですので、もし「後継者難」で事業の今後を悩んでいる経営者の方は、一人でその問題を抱えるのではなく、「M&A」を検討材料の一つに入れて、柔軟な気持ちで社員の今後のことはもちろん、自社のサービスや企業価値を新しい会社と共に成長させていく、という選択を取って欲しいです。

「M&A」が日本の企業を助ける?

ですが、ここで難点が一つあります。企業の経営者とは言っても、いきなり自社のみで「M&A」を検討して実行に移すというのは中々敷居が高いと感じる方が多いのではないでしょうか?

後継者難に直面したオーナー経営者が事業承継M&Aを進めようとした際、知識を身につけようにも専門的過ぎて理解がしにくい事が殆どだと思います。

実際に実行に移したとしても「M&A」はゴールではなく、双方の企業にとって新しいスタートになるため、「M&Aの成功」というのは完了した段階では誰にもわかりません。

出来ることと言えば、「双方納得した条件でのM&Aを行う」ということ以外には存在しないのです。

ですので、「より良いM&A」を締結させるためには専門の会社に間に入ってもらい、買収や合併、譲渡・譲受に関してのフォローを受けるのが一番の近道になると言えるでしょう。

よって、「M&A」を行う際は専門の「M&A仲介会社」に依頼して、

どの企業に買収されるか
どの企業の技術を自社に吸収するのが適切なのか

などといったことを的確にアドバイスしてもらうのが一般的です。

このように事業譲渡・事業買収等を検討されている企業の経営者の方は、適切な専門家に依頼されるケースが多いのですが、その際にとても大切なのが「どこに依頼・相談するのが最適か」ということです。

「M&A」自体がメジャーになってきたのは、日本国内の「M&A仲介会社」が提供するサポートによって、「M&A」を実施した各企業が成長をし続けることが出来たからと言っても過言ではありません。

その面から考えても、「M&A仲介会社」の活躍は日本にとっても、「後継者不足に頭を抱えていた企業」にとっても、メリット性が高いと考えることができます。

M&A仲介会社は下調べをしっかり行った上で決めよう

では「M&A」を進めていく際には、「どの仲介会社に相談しても大丈夫なのか?」と言えば、もちろんそのようなことはありません。当たり前ですが、あくまで自社のサービスや事業内容に関して理解度が高い仲介会社を選ばなければ、より良い「M&A」を実施することは難しいでしょう。

そのためには「M&A仲介会社」を事前にリサーチして、各仲介会社が開催しているセミナーや講演会に参加することがとても重要です。

ですが開催している企業もとても多く、全部の会社のセミナーに参加することは難しいですよね。そのためにも事前にインターネット等である程度情報収集しておくのが良いでしょう。

ですが、「M&A」を検討する以前に、

・小規模企業だと譲渡対価が低い
・赤字債務超過等の企業が多く、専門家への報酬が高すぎて取り組めない

などと言った「自社の買い手が本当にいるのか?」と悩んでしまい、譲渡先を探すこと自体に難色を示してしまう経営者の方も多いと思います。

ですが、そちらのネックに関しても心配無用です。「M&A」のプロフェッショナルに依頼することによって、譲渡前に事業価値の向上・増大にも的確なフォローを入れてもらえる会社も多数あります。

失敗しないM&A仲介会社の選び方

では、数多くあるM&A仲介会社の中で、どのようにして自社に最適な会社を選べばいいのでしょうか。

一点目として「十分な実績があるかどうか」という点です。
会社や店舗、サイトの売却、営業譲渡あるいは買収などを行う場合、事業経営、会計、税務、法律などの知識や経験が必要となります。これらの経験や知識はM&A仲介会社にとって最も需要なものなのです。また、仲介業者を選ぶ場合、重要なのは企業の実績と信頼性で。大事な情報の取り扱い方はもちろん、財務評価を迅速かつ正確にできるかどうかという点を事前に確認し、経営陣の経歴や、担当の受け答え等から判断してください。

二点目として「強みの分野を確認する」です。
M&A仲介会社は、大きく分けると分けて会計士や、金融機関などの専門技能に特化した会社と、買受企業などに幅広いネットワークを持ち、営業力が高い会社に分かれます。また飲食店や物販店などを専門に扱う会社、WEBサイトを専門に扱う会社まで存在します。
このように、M&A仲介会社は各社が強みとしている部分が違うため、自社にとって本当に有益なM&A仲介会社であるのか確認する必要があるでしょう。

三点目として「報酬体系」です。M&A仲介の報酬体系は、基本的には「着手料+中間料+成功報酬」となります。中には完全成功報酬で業務を遂行している会社もありますが、案件の規模が大きい場合は、成約まで時間とコストがかかるので中間料を要求されることが多いでしょう。あとで「こんなはずでなかった」とならないように報酬以外にかかる費用も正確に確認しておくようにしましょう。

最後としては「担当者の熱意と相性」です。実務を行う担当者との相性や前向きさでM&Aが成約されるといっても過言ではありません。短い時間の中で細かい業務をこなさなければならないので、担当者にフットワークは重要です。そして長時間にわたって社長や経営者関わるM&A業務では、人間的な相性や担当者のコミュニケーション能力は非常に重要なポイントです。

以上のポイントを踏まえて、本サイトは中小企業オーナー経営者向けに各M&A仲介会社の特徴をおすすめしたい順にまとめてみました。

今後の事業承継にお悩みの経営者の方はもちろん、買収を検討している経営者の方にも有益な情報を掲載しているので、是非今後の業者選びの参考にしてください。

記事一覧

M&Aとは企業間の吸収合併や買収のことを言います。 英語で吸収合併を意味するMergerの頭文字のMと、買収の ・・・[続きを読む]
M&A仲介業の歴史は浅く老舗と呼ばれる会社でさえ創業30年程度、全国展開する一部上場企業もあるとはいえまだまだ ・・・[続きを読む]
M&Aという企業承継にまつわる企業間の売買契約に大きな力を発揮するのがM&A仲介業者と呼ばれる職種です。 税理 ・・・[続きを読む]
M&Aにおける仲介手数料というものが、どの時点で発生するのかはそれぞれの仲介業者によって異なります。 多くの仲 ・・・[続きを読む]
企業の売買・譲渡を考えるにあたって、願わくは最適な条件で合意に達したいものです。 その際、経営者自ら案件を探し ・・・[続きを読む]
M&Aという言葉自体の認知度が低いためM&A仲介業者に関しては存在すら知らなかったという方が少なくありません。 ・・・[続きを読む]
さまざまな企業の成長戦略のひとつとして行われているM&A。 日本国内におけるGDPが減少傾向にある昨今、事業の ・・・[続きを読む]
日本においてM&Aという言葉が浸透し、盛んに行われるようになったのは1980年代後半です。 バブル経済華やかな ・・・[続きを読む]
グローバル経済の時代を生き残る戦略として不可欠と言えるM&Aですが、日本国内での普及は今ひとつ立ち遅れている観 ・・・[続きを読む]
M&Aの売買価格には会社の資産規模や業種による相場というものはありません。 大まかな金額は売り手側の最低ライン ・・・[続きを読む]